【ラファエル反省してる?】Youtuberラファエルから学ぶ、新時代の成功哲学

ども、イチタスです。

突然ですが、人生において成功する人と、そうでない人の大きな違いって何だと思いますか ?

最近、僕の大好きなYoutuberにラファエルという名前で活動している人のチャンネルがアカウント凍結されて、200万人以上登録者がいたチャンネルがこの世から消えました。

古参アピールではないですが、ラファエルはチャンネル登録7万人ほどの時からみていたので、個人的に少し残念な気もします。

さすがに200万人ものチャンネル登録者を抱えたチャンネルが消えて落ち込んでいるのかなと思いきや、サブチャンネルをメインチャンネルに変更して最初に出した動画が、これ⇩

ラファたん反省してる!!??ww

本当に面白いですよね。失敗してもあまり気にせずサクッと次の行動に移る。その精神に学ばされる日々です。

前回、仮想通貨の件で炎上した時も、しばらくYoutubeを離れてもう消えたのかなと思いきや、確かハワイかどっかの射撃場でエンジョイしてました(笑)

ラファエルの何がヤバいのか

彼が、今回の件で反省しているのか、していないのか、そんなことは僕たち視聴者側にしてみればクソほどどうでも良いことです。

今回のチャンネル登録者200万人以上抱えたチャンネルのアカウントBANから学ぶべきことは今まさにあって、それがラファエルのヤバさにも繋がっているのですが、僕が考えるラファエルのヤバさ・強さ(強身)は主に2つ。⇩

  1. 行動力・多動力が常人の域を遥かに越えている。
  2. 失敗を失敗と思わず(もしくは引きずらず)、サクッと次の行動に移れる

1. 行動力・多動力が常人の域を遥かに越えている

先日、ある動画で、”会社5つやりつつ、最近は焼肉屋もオープンさせる予定” と語っていたラファエルですが、僕が4年ほど前の時の動画(まだチャンネル登録7万人ほどで、会社員時代のラファエル)の時点で、Youtubeに参入しているという事実が何よりもヤバめです。

普通に考えて、一般企業の正社員で会社にフルコミットしつつほぼ毎日動画を上げ続けて再生数を伸ばすって、僕も会社員時代を経験したのでわかりますが、これは本当に精神力と体力が必要。

もちろん、「管理職で時間があったから暇つぶしで初めてみた」と本人は言っていますが、おそらくかなり収入があって安定もしていたはずなのに、さらに新しいことに挑戦するその行動力が凄いです(当時はFXとかでも稼いでいたはず)。

それに加え、新しいこと(ジャンル)にどんどんチャレンジするフットワークの軽さと多動力がずば抜けていますよね。過去にネイルサロンを開業しようとしたりもしているそうですが、とにかく気になることに手をつけて、どんな感じか自分で確かめる

これができる人が世の中に何人いるでしょうか。やりたいことに、本当は安定を失うのが怖くてできないのに、”お金が無い”、”時間が無い” など、逃げの理由を自分で作って行動しない人がほとんどですよね。(僕もまだここ、、)

ここのが、人生において全てな気もします。

2. 失敗を失敗と思わず(もしくは引きずらず)、サクッと次の行動に移れる

そして、もう一つのラファエルの強みは、失敗を”失敗”として捉えないこと。

今回の件も、前回の仮想通貨の件も、他の人や社会的に見れば、人に迷惑をかけ、批判の対象になる大きな失敗だったかもしれませんが、

それが失敗かどうだったかということはラファエル本人が決めることであって、他の人がとやかく言っても仕方ありません。

メインのチャンネルが無くなっても落ち込まず(多少は落ち込んだかもしれませんが)、サブチャンネルをメインに変更して新しい動画をサクッとアップロードするノリの軽さっていうのも、時にめちゃくちゃ重要だったりします。

ラファエルから学ぶ、新時代の成功哲学

 

僕が考える、ラファエルの成功の哲学。それは、シンプルですが、

  1. 興味あることをとりあえずやってみるフットワークの軽さ。
  2. 自分でやると決めたことをやり遂げるまでそれをやめてしまわないこと。
  3. そして、失敗を失敗と考えず、反省しつつも次の行動にすぐ移るメンタルを磨き続けること。

この三つな気がします。そして、これこそがまさに、成功する人としない人の大きな違いです。

シンプルすぎるが故に、多くの人が実行できないところをしっかりやり遂げるラファエル。今後の活躍に期待しています。

 

今、何がしたいかわからないという人は、少しでも興味あるものに手をつけてみることから始めればOKです。

んじゃ、また。

人気記事 悲報:動画編集副業は稼げない【理由と対策を解説】

人気記事 動画編集独学におすすめのオンライン教材を紹介【2020年度版】

こちらの記事もぜひ