【騙されました】クラウドソーシングで案件を受ける際に、必ず注意すべきこと3つ解説

 

ども、イチタスです。

 

僕は今、ひじょ~~~に、むしゃくしゃしています。なぜって、クラウドソーシングで何の理由も説明されずに契約途中終了されたから

 

クラウドソーシングで稼ぐまでの手順を解説する【登録~案件受注まで教えます】で解説したとおり、クラウドソーシングは場所を選ばず誰でも稼ぐことができ、副収入やスキルアップに非常におすすめです。

 

そして、僕も実際、クラウドワークスのライティング案件で稼いでいるのですが、先ほどクライアントから理不尽な対応を受けたので、同じ経験をこれからクラウドソーシングに挑戦する人にして欲しくないという気持ちも込めて、情報共有します。

 

今回僕は、CrowdWorksでのライティング業務を経験したので、クラウドワークス上で案件を受注する際に注意すべきことを3つに厳選してご紹介します。

 

しかし、類似する問題は、ランサーズなど、その他のクラウドソーシングサイトでも言えると思うので、共通認識として読んで頂けると幸いです。

 

【実体験】イチタスが受けた理不尽な契約途中終了

クラウドソーシングでの案件受注する際の注意点を説明する前に、実際に僕が受けた契約打ち切りの話をします。

 

今回、僕が受注したのは、車に関する記事作成の案件でした。はじめにテストライティング3000字で800円。その後、合格すれば10記事8000円の契約で、仕事をするという条件でした。

 

テストライティングは無事合格し、評価も問題なし。その後、案件継続依頼を受け入れ、3日に1記事(3000字)で納品する条件だったので、契約内容通りに1記事目を納品しました。

 

ところが、固定型報酬で10記事納品後に報酬支払いがされる予定だったところ、1記事目を納品したタイミングで、「不手際でで10記事分の報酬を支払ってしまいましたが、残りの9記事よろしくお願いします」というメッセージが来ました。

 

ところが、自分のアカウントの未出金欄を見てみても、明らかに10記事分の金額が入っていなかったので、ん? と思いクライアントに連絡をしたところ、「運営に確認します。」と返事が来たので、運営が対応してくれることを待つことにしました。

 

その次に来たメッセージがこちら⇩

    今回の件で色々と不愉快な思いをさせてしまったかもしれませんが一旦終了という形を取らせていただきます。いろいろと申し訳ございませんでした

イチタス
ナメてる???

 

クライアント(発注者)が勝手に支払い方法をミスって、事務局に問い合わせると言ったにも関わらず、どういった対応を運営がしたのかの説明もなくいきなり契約打ち切り

 

全く理解できなかったのでメッセージを送ろうとしたところ、すでにそのクライアントは退会済みでした。。自分の仕事に問題があるのであればそこを指摘してくれれば良いだけなのですが、真っ当な人ではなかったようです。ちなみに、テストライティングの段階では作業スピード・内容共に評価は良かったです。

 

後から調べてわかったのですが、この発注者。今回自分が受けた案件以外に実績ゼロでした。それに加え、添付ファイルに記載されていた案件内容が少しおかしかったです。本当に運営に問い合わせたどうかも怪しい、、、

 

というのも、仕事内容詳細のメッセージの先頭に以下のようなメッセージが書かれていました。⇩

自分は車に関して明るくないので、(クライアントの名前)さんのように詳しい方が書いてくれると凄く助かります。
対応期間については了解致しました。

 

どういうことかというと、このクライアントは自分が他のクライアントから受けた仕事を、さらに安い値段で別の案件として作業する人を募集していた

 

んだと思います(憶測ですが)。このように、あまりスキルや知識がない初心者フリーランスを雑に扱う発注者がいる人がいてとてもがっかりでした。。

 

クラウドソーシングで案件を受注する時の注意点3つ

 

はい、もう過去のことを気にしても仕方がないので、これから、クラウドソーシングで稼ぎたいと考えている人や、クラウドワークスで副業に挑戦したい人に向けて、初めて案件を受ける際の注意ポイントをご紹介します。

 

初心者フリーランスが詐欺や不当な扱いを受けないために、仕事を受ける際に必ずチェックすべき注意点は3つ。⇩

  1. クライアント(発注者)の実績・評価
  2. 報酬の支払い形式(マイルストーン支払い対応など)
  3. テストライティングの報酬がちゃんと支払われるか

 

納期や条件を守り真っ当に作業さえすれば、気になるところは契約内容に書かれている通りに報酬が支払われるかどうかだけです。

 

もちろん他にも、”自分の仕事に対して良いフィードバックをくれる”など、クライアントについて確認すべき箇所はありますが、それは報酬をちゃんと支払ってくれるというのが最低条件として満たされている場合の話です。

 

順番に解説していくと、

1. クライアント(発注者)の実績・評価

 

まずは、クライアントの実績・評価。これは優先的にチェックしましょう。評価が全体的に悪かったり、評価がある程度良くても案件発注実績が極端に少ない、もしくは発注実績がないクライアントは要注意です。

 

それから、実績・評価ほど重要度は高くないですが、本人確認済みかどうか・プロフィール写真が掲載されているかどうかなども信頼性を担保する重要な指針となるので、一緒にチェックしましょう。

 

2. 報酬の支払い形式(マイルストーン支払い対応など)

 

次に、報酬の支払い方法に関して。

 

クラウドワークスの報酬は、時間単価制・固定報酬制・コンペ型・タスク形式など、色々な条件で報酬が決定されますが、どんな形式でも、契約が成立した段階で【仮払い】が行われ、案件納品後に支払いという流れになります。

 

また、プロジェクト形式の固定報酬制であれば、マイルストーン支払いを選択することができる案件もあります。例えば、10記事納品で一万円のプロジェクト案件のマイルストーン支払いだと、1記事納品すれば、その度に1000円が支払われる。みたいな感じです。

 

自分が受けた案件がどのような支払い条件で、その通りに事が進むか、しっかりクライアントと連絡をとりましょう。もしも違反であると判明した場合は、急ぎ事務局に連絡です。

 

3. テストライティングの報酬がちゃんと支払われるか

 

どんなクライアント(発注者)も、最初の契約の時はテストライティングを要求してきます。テストライティングが採用になれば、そこから本受注となりますが、基本的にはテストライティングの代金は支払われて当然です。

 

テストライティング代金が出ない案件は、極端にいえば発注元がブラック企業なので受けないようにしましょう。ここもクライアントが信用できるかどうかの判断基準になるので重要です。

 

慎重に、かつ行動あるのみ

 

とまあ、こんな感じで怒りに任せつつ、殴り書きみたいになってしまいましたが、僕の実力不足・ミスも責任なので仕方ないです。 何事も最初のうちは肩身が狭いもんです。

 

自分の仕事が正当に評価されないというのは腹立たしいですが、かといって慎重になりすぎて行動できないのも問題なので、最初のうちはスキル勉強も兼ねて思ってどんどん案件に応募しましょう。

 

ちなみに、ライティングやコンテンツマーケティンングの勉強には、僕が最近読んでいる、コンテンツ・マーケティング64の法則という本が最強なので、読んでみてください。

 

んじゃ、また。

こちらの記事もぜひ