クラウドソーシングで稼ぐまでの手順を解説する【登録~案件受注まで教えます】

 

 

ども、イチタスです。

 

最近、会社を退職してワーキングホリデー出発まで時間があるということで、時間や場所に縛られず生きていく方法を模索しているのですが、

 

このイチタスログを運営する上でさらにライティングスキルをアップさせたい、加えて、クラウドソーシングのライティング案件で稼ぐことはできるのかという実験も込めて、クラウドワークスに登録してライティングの仕事に挑戦してみました。

 

軽いノリで始めてみたところ、あっさり報酬が発生したので、僕がクラウドソーシングで初稼ぎを実現するまでにやったことを紹介していきます。

クラウドソーシングとは?

 

チューたろう
クラウドソーシングとはなんぞやチュ?

 

クラウドソーシングとは?(wiki調べ)
不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

 

チューたろう
ん~、、、よくわからん!!!

 

はいはい。。。チューたろうと同じ状況の方に向けて簡単に説明すると、アウトソーシングとはいわば、仕事を探している人(受注者)と、仕事をしてくれる人を探している会社や個人事業主(発注者)のマッチングサイトみたいなもので、極端に言えば、インターネット上のハローワークです。(笑)

 

実際の流れとしては、まず、企業や個人事業主が仕事を案件としてクラウドソーシングサイトに掲載⇨仕事を探している受注者がサイトに掲載されている案件に応募⇨承諾されればタスクをこなし仕事を納品。⇨ OKであれば、発注者がお金を支払うという感じです。

 

要は、パソコン一台あれば、場所にとらわれず、リモートでいろんな仕事ができるよ。ということです。案件の内容はいろんなジャンルがありまして、

 

プログラミングやデザイン・外国語翻訳やライティングなど多種多様なので、スキルに自信があるものや、特にスキルを必要としない案件で興味あるものから取り組んでみると良いと思います。

 

クラウドソーシングで初稼ぎまでの手順解説①

そんな風に便利なクラウドソーシングですが、特段なんのスキルも無い人でも稼げるの? というのが気になるところですよね。そんな人のために、クラウドソーシングで実際に稼いだ僕が、手順を解説していきます。

 

まずは、手順①として、案件を受注する為のバッターボックスに経つまでのプロセスを紹介。

 

今回僕が使用したクラウドソーシングサイトは、CrowdWorksです。

 

クラウドソーシングサイトは最近人気が出てきており、いろんなサイトがありますが、有名どころはクラウドワークスか、ランサーズといったところでしょうか?  これについては、また後ほど、別の記事で紹介したいと思います。

 

今回は”クラウドワークス”で仕事を受注⇨納品するまでの流れを解説していきます。まずは、上記リンクからサイトへ飛んで頂いて会員登録しましょう。

 

メールアドレスさえあれば、あとは自分でパスコードを設定すれば、誰でもすぐに登録できます。サイトにログインできたら次にすることはこちら⇩

  1. プロフィールを編集する
  2. 本人確認書類の提出
  3. 振込先口座の登録

 

1. プロフィールを編集する

 

まずは、プロフィール情報を追加してプロフィール充実度をあげましょう。目安は90%ぐらいです。クラウドワークスにログインして、下記スクリーンショット画面赤矢印のあたりにあるプロフィール編集アイコンから編集画面に飛びます。

 

 

タブに移動後、基本情報編集タブから必要事項を入力していきます。生年月日や住所などのベーシックなものに加えて、特に力を入れて書くべき箇所が、「スキル登録」と「経歴・実績登録」の欄です。

 

これらの欄には、今メインで働いている会社で身につけたスキルや業務実績、その他独学で身につけたスキルなど、どんなにしょぼくても良いので正直に書いていきましょう。

 

僕は、ライティングの大きな実績があるわけではないですが、ブログをやっていることを堂々と書きましたし、自分ではたいしたことないと思っていることでも、客観的に見てみると意外とスキルだったりすることもあるので、少しでも無いか探してみて、臆せず書き出していきましょう。

 

2. 本人確認書類の提出

 

提出といっても、クラウドワークスのサイトから本人確認書類の写真をアップロードするだけなので、とても簡単です。提出可能な書類は、保険証や運転免許証など全部で7種類。一番提出しやすいものをアップロードしてください。

 

本人確認は発注者・受注者の信頼度の担保になるので非常に重要です。リモートで全てが完結するのがクラウドソーシングなので、お互い信頼できる人の方が仕事がやりやすいし、安心感があります。

 

仕事を受ける時も、案件を納品したのにお金が振り込まれない、、ということにならないよう、なるべく本人確認済みの人から仕事を受けるようにしましょう。

 

3. 振込先口座の登録

 

最後に、振込先口座の登録です。これをしなければ収入を手にできないので、全ての作業がタダ働きになります。登録する銀行はどこでも大丈夫です。

 

ただし、楽天の口座以外の銀行口座だと、口座への振込手数料が税込500円かかり、楽天だと100円で済むので、楽天の口座をお持ちの方は、そちらの登録がオススメ。

 

 

クラウドソーシングで初稼ぎまでの手順解説②

 

さて、プロフィール・口座情報など、その他もろもろの登録が終了したら、いよいよ仕事を取りにいきます。

 

初心者のうちは実績が無いので、単価が低かったり、応募した案件に合格しなかったりといことが多々ありますが、気にせず次に行くことが大切

 

次に、仕事の探し方ですが、クラウドワークスメインページの左上の、「仕事を探す」というタブから案件検索ページに飛び、自分がやりたい案件を探していきます。

 

おすすめは、カテゴリ別での検索です。自分のスキルに合わせてできそうなものに手当たり次第応募してみましょう。特段これといったスキルが無いという人でも、レビューや口コミを書くだけの仕事なんかもあるので、興味あるものからいろいろ試すのもアリ。

 

興味ある案件に応募し、発注者が認証・仕事依頼をしたら、その後報酬の仮払いが行われます。仮払い完了後の流れとしては、タスクを完了させ、契約詳細画面からファイルをアップロードし納品します。その後、発注者が検査し、報酬支払いが完了後、お互いの評価という感じ。

 

クラウドワークス業務の流れ

 

案件はできるだけ早く出した方が、高評価に繋がる気がします。僕は最初、ライティング案件3000字程を2日で提出したのですが、素早い対応を賞賛していただいたので、仕事にもよりますが、結構納期にゆとりがあるのかなと。

 

まあ、迅速な対応を心がけたいものです。

 

クラウドソーシングに挑戦してみた感想

 

はい、こんな感じで、クラウドワークスを使用して稼ぐまでの手順を解説してきました。実際に稼いでみた感想を⇩

 

初めのうちは、スキルや実績が無いので、ライティングの案件でも文字単価が低く、時給換算すれば心が折れますが、自己成長に繋がるという面ではかなりやりがいはあると思います。

 

特に、場所を選ばず、会社に縛られないという点で、人生において自由に生きるということの優先順位が高い人にとっては、このクラウドソーシングはかなり良いサービスではないでしょうか。

 

最初のうちは案件単価が低いかもしれないですが、実績をあげて単価アップの交渉もできるでしょうし、身につけたスキルを別の仕事に活かすなんてこともできるので、スキルアップしつつ、お小遣い稼ぎというくらいにの気持ちでサクッと挑戦くらいがちょうどいいかもしれません。

 

クラウドソーシングで稼ぐ為のキーポイントとしては、

 

クラウドソーシングで稼ぐ為の鍵

プロフィール欄をしっかり正直に記入し、充実させる。

単価が低くても絶望せずに、スキルアップ兼お小遣い稼ぎくらいの気持ちで挑戦。

応募した案件に合格しなくても気にせず次の案件に応募

 

どちらにせよ、稼げるか稼げないか顔色を伺っているだけでは何も始まらないので、まずはサイトに登録して仕事を探してみるとこから初めましょう。行動が全てです⇩

CrowdWorksで初稼ぎ

こちらの記事もぜひ