ランニングは”うつ”に絶大な効果があるという話【実体験に基づく】

こんにちは、

新卒で退社した結果、新年早々無償ニートイチタスです。

2018年の11月から、軽い鬱症状にかかり、無気力な状態がずっと続いていました。

精神科医に行ってはいないのですが、整体やその他の病院に通いながら、少しづつ体調を回復していっています。

今でこそ気持ちも落ち着いてきて、なんとか外出も出来ているのですが、ちょっと前までは本当にしんどかったです。

もともとネガティブ思考なこともあるのですが、今回の件でさらに、負の思考ループに陥り、なんというか、悪いことばかり頭に浮かんできてしまうような状態で、抜け出すのに非常に苦しみました。

一番わからずに困ったことは、その無気力状態と負の思考ループの原因が何かわからなかったことです。これが辛かった。

 

体のどこかに痛みがあるわけではないのですが、耳鳴りはいまだに止まず、そのストレスも後押ししてなのか、常に過去への後悔、そして未来への漠然とした不安感に苛まれる日々でした。

 

それでも、インターネットで調べたり、病院で話を聞いているうちに、その軽いうつ状態から抜け出すための鍵を見つけることができたのですが、どうやら僕は自律神経失調症というモノにかかっているみたいです。

 

自律神経統合失調症とは、ストレスなどの外部的要因によって、交感神経と副交感神経が乱れてしまい、体のあらゆる部位位に異変が生じる病気です。

 

通常、健全な状態な人であれば、夜になると勝手に副交感神経という、人をリラックスされる神経が働き、何もしなくても眠くなりますが、自律神経が乱れることで、神経系にに障害が起き、不眠症を引き起こしたりします。

 

夜眠ることができなければ、心臓や脳にダメージが来ます。僕の場合は、それで肺がやられ、気胸という病気になりました。

自律神経失調症は、うつの引き金になる病気なんですね。

 

ランニングが自律神経を整える

 

自律神経の乱れが、今苦しんでいる耳鳴りや不安の原因になっているのでは? と疑った僕は、自律神経を整えるために整骨院に通い始め、自律神経に関する勉強を始めました。

 

自律神経が乱れる大きな原因は、大きく二つあり、ストレスと生活習慣の乱れです。僕は仕事柄、夜勤もあったので、生活習慣、主に睡眠習慣が大きく乱れていました。

 

一度乱れた自律神経を整えるのは、簡単なことではありませんが、少しづつ、やることをやっていけば、精神的に辛い状況を抜け出すことができます

 

自律神経の整え方はいくつもありますが、一番重要なのは、考え方を少しづつ変えていくことと、生活習慣を改善していくことです。

 

考え方を変えるというのは、具体的に言うと、ネガティブ思考をやめるということ。僕もまだこれについては模索中なのですが、一つ言えるのは、夜に考え事をしないことは重要ですね。なるべく日中は体力を使い、よるは良く眠れるように生活リズムを改善させていきます

 

次に生活習慣の乱れに関してですが、これはもう自分の生活スタイルを見直すしかないと思います。特に運動不足は睡眠に大きな支障をきたすので、軽い運動でも良いのでなにか始めてみましょう。

 

僕は、毎晩15分ほどランニングしているのですが、始めてから、精神的に不安定だったのがなくなり、少しづつ改善しつつあります。ランニングといってもそこまでがっつり走ると言うわけではなく、その日の体調に合わせて、少しづつ走るという感じの生活を続けています。

 

本で読んだのですが、ランニングには自律神経を整える効果があります。なるべく一定のペースor リズムで走ることで、体内のリズムがと整っていくそうです。

 

これが軽い鬱状態に聞く最大の理由で、今うつ状態に苦しんでいる人も、体を動かすことができそうであれば、ランニングを数日間続けてみると良いと思います。精神状態が少しずつよくなっていきますよ。

 

僕が自律神経について学んだ、「自律神経の整え方」と言う本のリンクを貼っておきます。自立神経乱れがちなビジネスマン向けの本なので、仕事している方も、最近気持ちが浮かないと言う人は、体を壊す前に読んでみてください。

 

こちらの記事もぜひ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です