安定した人生を得る方法はただ1つ【結論:挑戦あるのみ】

ども、イチタスです。

 

最近、「安定」という言葉の本当の意味について考えています。

 

よく、「安定した会社に入って」安定した生活を送りたい」なんてことが話題に上がりますが、ここで用いられている安定」の意味は、物事が落ち着いていて、激しい変動のないこと。の意です。とりわけ、より多くのお金が安定して手に入る生活のことを示唆している人が多いです。

 

しかし、世間一般で言われているその「安定した生活」とか「安定した会社」とかいうのもは、本当に安定してるでしょうか?

 

一流大学に入ることができれば安定? 大企業に就職できれば安定? 月〇〇円の収入が得ることができている状態が安定?

 

僕の持論としては、これらは確かに全て「安定」していおます。しかしここで僕がいう安定は、上記の意義での安定ではありません。

 

経済的・精神的での安定に用いられる「安定」と僕が考える本当の「安定」には、大きなギャップがあります。

二種類の安定

ちょっと、話がややこしくなってきたようなので、順番に解説していきます。

 

一流大学に入ることができれば安定

大企業に就職できれば安定

月〇〇円の収入が得ることができていれば安定

 

これらは教育というシステムの都合上、僕らの頭に刷り込まれた既存の考えであり、大企業に入ろうが、月いくらの収入を得ていようが、それらがずっと続くとは限らない時代になってきています。

 

もちろん生きるためには最低限のお金が必要ですが、そんな時代背景において、毎月固定で入ってくる目先のお金の為に会社から指示出しされた特に好きでも無いことを淡々とこなすだけの生活は「安く定まっている」とも言えます。

 

この「安く定まる」という考えこそが、僕が言いたい「安定です」

 

つまり、日々の生活のために行う会社勤めでライフワークを繰り返しているうちは、そこに経済的安定は存在せず、誰かが作り出した会社というシステムの枠組みの中で走り続けるラットです。

 

これは言い換えると、ある種の妥協です。妥協して好きじゃ無い仕事をひたすらやり続けるほど「安く定まった」人生はありません。

 

 

チューたろう

じゃあ、本当に経済的な意味で安定した生活を送るためにはどうするべきなんでちゅか?

 

その解決策は1つ。自分のビジネスを所有すること。自分がシステムの所有者になることです。

 

自分の頭でビジネスを作り出し、収益を生む力があれば、会社が倒産しようがクビにされようが、給料減らされようが関係ないわけで、自分の頭を使ってお金を生むスキルを身に着けること。ここにフォーカスする必要があると僕は思います。

 

現代社会で真の安定を得るための基本ルール

 

安く定まった生活を抜け出し、経済的に真に安定した生活を送るために、時代の流れが変わってもお金を生み出せる能力←これが今の時代に求められているもの。

 

では、そのために起こすべきアクションとは一体なんのか。まずは小さく稼いでみることです。

 

例えば、

 

・ブログ

・クラウドソーシングで稼ぐ→ライティングやプログラミング

・営業

・お金の知識

 

上記のようなことを始めてみて、なにかスキルを身につける。

 

とは言っても、生きていくためには最低限の生活費が必要です。ベーシックインカムを最低限稼ぎつつ、徐々に自分のビジネスに挑戦していく。

 

このベーシックインカムを稼ぐためのライスワークはどんな仕事でも良いとは思いますが、独立する際に役に立つ仕事を見つけることができると良いですね。

 

安く定まる人生で終わるのか、一度きりの人生に全力を注ぐのか。

 

考え方は人それぞれなので僕の意見を押し付けるつもりはありませんが、ただ漠然とした安定した人生を求めた結果、なんだか人生つまらないと感じている人は、

 

一度、「安定」という言葉の意味をじっくり考えてみるのもいいかも知れません。

 

あなたにとっての「安定」とはなんですか?

 

んじゃ、また。

こちらの記事もぜひ