物事を継続するコツはタスクをルーティーンに組み込むこと【習慣化することで継続が容易になるワケ】

ども、イチタスです。

 

本格的にブログを書き始めて、約一ヶ月半が経過しました。ブログ記事は約40本ほど。ほぼほぼ毎日更新を継続しています。加えて、半うつ状態になってからランニングを始めたのですが、これもだいたい週5回ほど、毎日15分ほど走っていて、一ヶ月以上続いています。

 

先日、こんなツイートをして少し反響がありました。

最近、バンコク在中でブロガーのマナブさんの生活スタイルを参考にしながらブログを続けているのですが、非常に興味深いなと思っているのが、1日のTodoを完璧にルーティーンに組み込んで、ライフスタイルを習慣化させている点です。

 

これってフリーランスとかコミュニティに属さず自分でやってるって考えたらすごいことだと思います。自分を自律させる力が必要だから。

 

会社員はある程度、何時に出社して、だいたい何時頃から休憩で、何時に帰宅っていうルーティーンが、もう会社によって半強制的にライフスタイルに組み込まれてますが、それを自らやり、さらに長期間継続しているというのは尊敬に値します。

 

逆に言うと、そうやって自分でタスク管理して自らを律することができない人は、フリーランスなどの自由な生き方で行くのは難しいのかなとも思います。外からの圧力がなければ人間はどれだけでも怠けることができるので、それを防ぐ為に、日々のタスクをルーティーンに組み込んで、ライフスタイルの一部として確立するわけですね。

 

その日にすべきタスクをルーティーンとして無心でこなしていくうちに、それは継続につながります。継続は力なりと言う言葉があるように、試行錯誤しつつ継続できる人は圧倒的な実力を身に付けることができます。上記であげたマナブさんも、ブログ継続500日超えという実績がある上でのあの年収ですからね。

 

ポイント
その日やることを毎日のルーティーンに組み込むことで継続が容易になる

 

物事を”継続”するコツはタスクをルーティーン化すること。

 

何かを習慣化して継続することは、簡単なように見えてめちゃくちゃ難しいですよね。

 

チューたろう
ダイエットを始めたけど、2日でやめてしまったチュ(涙)

 

でも、これはその日やるべきことをルーティーンとして組み込むことで、自然と習慣化していくことができます

 

例えば、僕は病気で仕事を退職して、自由な生き方を実現する為にブログに挑戦していますが、これも、記事を書くことを1日のルーティーンとして組み込むことで、どんなに気分が乗らなくてもブログを更新し続けることがコツだと思っています。

 

こうすることで、最初の数日は慣れないですが、ある程度習慣化してきて、ブログを書くことが苦では無くなってきます。朝起きて、顔洗って歯磨きするのはつらいことでしょうか? おそらく多くの人にとっては、たまに面倒くさいなと感じることはあれど、そんなに苦じゃないと思います。だって、それは習慣として日々のルーティーンに組み込まれているから

 

じゃあ、タスクをルーティーン化して習慣にするにはどうすれば良いんでしょう?  僕がマナブさんなどの、フリーランスのトップにいる人たちのツイートを分析した結果発見した、習慣化するコツは主に3つあります⇩

  1. その日やること(予定)を朝に宣言する
  2. 宣言したことを多少質が悪くても実行する
  3. To doに取り組みやすくする為の環境づくりをする

 

 

1. その日やること(予定)を朝に宣言する

 

まずは、その日のTodo or タスクを朝起きたら周囲に宣言しましょう。宣言する相手は誰でも良いです。家族や友人、またはSNS上でも問題なし。オススメは誰でも無料で気軽に呟けるTwitterですね。マナブさんとか見る限り、主に今日何をするかを午前中に呟いています。

このように、周りに大声で宣言することで自分に怠ける隙を与えさせません。人は、裏切りなどに罪悪感を感じるように神様にプログラムされているので、宣言してしまった以上は、達成しないと気が済まないわけです。僕もマナブさんの真似をしてTwitterで宣言する生活を続けた結果、意外とブログやランニングが続いているので驚きです。

 

2. 宣言したことを(多少質が悪くても)やりきる

 

次に、宣言したことをやりきります。ここで何もしなければ習慣化まで持っていけずに挫折ちゃうので、最低でも1週間は朝に宣言したことに取り組みましょう。ここでポイントになるのが、“多少質が悪くても”問題なし言うところ。

 

マナブさんが言うには、例えばブログ更新であればその日の最高品質を目指そうと言っていますが、僕は最初のうちは多少妥協しても良いと思っています。

 

それよりも、少しくらい質が落ちても良いので、続けて習慣の一部になるまで努力することの方が重要かなと、、例えば、ダイエットであれば、ランニング30分すると朝に宣言して、気分が乗らず15分でやめてしまった、、とかでも全然問題なしってことです。続けることを意識しましょう。

 

3. Todoに取り組みやすくする為の環境づくりをする

 

最後に、1日のはじめに宣言したタスクをやり遂げるための環境作りを意識して生活することが大切。例えば、マナブさんは動画で就寝時間は10時頃と言っていましたが、次の日の朝タスクをこなす時間を確保する為に、夜はしっかり睡眠をとる。というのが環境づくりにあたります。

 

もっと言えば、良い睡眠を取る為に寝る前にストレッチをしたり、カフェインをなるべく取らないようにするといったことも、Todoをルーティーン化するための環境づくりの秘訣であると言えます。

 

僕はだいたい毎日夜9時頃からランニングしており、お腹おっぱいの状態で走りたくないので、夜8時以降に夕食は食べないようにしています。必ず8時より前に食べる、こうすることで”満腹で走りたくない”といった感情を遠ざけ、ルーティーンに組み込みやすい環境を作っています。

 

タスクをルーティン化して、習慣を形作ろう

 

はい、と言うわけで、今回は3日坊主になりがちで、なかなか物事を継続できない人に向けて、タスクを日々のルーティーンに組み込み、習慣にすることで継続を容易にする方法を紹介しました。

 

どんなに継続ができなくても、今回解説した3つのコツを意識すれば、少しづつ習慣化されて続けられるようになると思うので、ぜひ挑戦してみてください!

 

このイチタスログでは、Twitterも合わせて、日々の生活をより良くするためのライフハックを中心に、海外移住やブログ情報を発信しています。よければTwitterのフォロー等よろしくお願いします。

 

んじゃ、また。

こちらの記事もぜひ