SONY RX100を中古で買ってよかった話

SONY

 

「今時コンパクトデジカメなんて買うやついるのかよ….」

と数ヶ月前まで思っていました。もしかしたら今これを読んでくださっている方の中で、同じことを思っている方がいらっしゃるかもしれません。ただ、同じことをこのカメラを使ってみた後にに言えるかと聞かれたらどうでしょうか?

それが、SONYのDSC- RX100です。

今現在、第6世代まで販売されており、最新型は10万円を越えるお値段を誇る高級コンデジです。2012年に発売された初代型でも、いまだに一部の家電量販店で新品で販売されていたりと、いわゆる「大ヒット」したカメラで、コアなファンが現在もたくさんいるようです。

そんなRX100ですが、僕も調べて行くうちにその魅力に引かれ、旅行に向けて初代RX-100を中古で購入しました。お値段は25000円くらいでした。

不朽の名作の実力

正直なところ、何年も前のカメラなので現在のテクノロジーの発展スピードにはやはり敵わないところがあります。僕が今使っているiphone7で撮影した写真と比べても一見違いはわかりません。Apple社の製品がずば抜けて優れていることは承知の事実ですが、それを差し引いても、発売当時は10万円近くしたカメラは「腐っても鯛」。接写に関してはiphoneには5年以上も年の差があるのも関わらず負けていませんし、画素数的に見てもiphone7の2倍近く良いです。特に夜間の撮影に関しては、RX100に軍配が上がると思います。

いくつかRX100で撮った写真を載せてみます。

f:id:Zerotogtr:20180309003113j:plain f:id:Zerotogtr:20180309003151j:plain f:id:Zerotogtr:20180309003333j:plain f:id:Zerotogtr:20180219194615j:plain

RX100とスマホのカメラを比べること自体が愚行だとは思いますが、僕が普段スマホのカメラで写真を撮っているのと、今の時代の流れ、つまりスマホで写真を撮る人が大多数であることを踏まえて、あえてなぜiphoneよりRX100がおすすめかをレビューすると、やはり一番の強みは「背景のぼかし」を入れられるという点です。

iphoneは接写に関してはすごく綺麗に撮れますが、背景をぼかすことはできません(Iphone Plusなら話は別ですが)。その点RX100は背景を自由にぼかせられるので、より被写体がくっきり写って綺麗に見えます。そしてそのぼかし具合とかをいろいろいじるのを楽しめるという大きなメリットがあります。それからシャッタースピードを変更できるので、水の流れなどの動きあるものを綺麗に撮影することができます。

スマホにはない楽しさがある

最近はスマホのカメラのクオリティが非常に良くて、写真はスマホのカメラで全部撮るという人が大半だと思いますが、それでもカメラ片手に旅先を歩き回るというのは、スマホを持って歩き回るのとは全然感覚が違います。カメラを持った瞬間から自分は世界に一人だけののカメラマンになった気分です。

その点、中古でRX-100を購入するのは、「スマホのカメラで写真を撮るのに飽きて、少しカメラの世界に足を踏み入れてみたい」という方には非常におすすめだと思います。値段もそこまで高いというわけではなく、iphone以上に良い写真が撮れて、カメラの勉強もそれなりにできるとなれば結構良いのではないでしょうか。何よりも、古いながらも頑張って良い写真を撮ってくれるこのカメラにはもうすでに愛着が湧いています。

皆さんも、ぜひ中古で状態の良いRX-100を見つけて、カメラの楽しさに触れてみてください。

こちらの記事もぜひ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です