仕事するなら"スタバ"より"コメダ珈琲"が大穴場

f:id:Zerotogtr:20181207115850j:plain

どうも、年内で新卒で入った会社を辞めようと思います、イチタスです。

僕は今社員寮ぐらいですが、寮にはwifiがないのでインターネットを求めて近くのカフェを探し求める日々です。wifiがないとブログ更新できないですしね。

ブロガーやパソコンで作業したい人に人気の場所と言えば、やはりコーヒー一杯でwifiが自由に使えて長居できる”スターバックス”でしょうか。

僕も学生時代やインターンしている時は頻繁に使っていました。

スターバックスの何が良いというかというと、世界中どこの店舗に行っても、安定した安心感みたいなものがあるところです。

どの国の、どの店舗に行っても使い放題のwifiがあり、席によっては電源コンセントが完備されており、オフィスを持たない企業で働いている人やフリーランスにとっては、コーヒー代数百円で使用できるワーキングスペース的な立ち位置という印象が強いです。

安定した無料wifiを求めている人にとってコメダ珈琲は大穴場

f:id:Zerotogtr:20181207121755j:plain

一件、最強のように見えるスターバックスですが、致命的な欠点があります。

それは、人が異常に多いということ。。。。

そう、スターバックスは圧倒的な立地とブランド力で、ほとんどの時間帯が満席です。

自分の量の近くにもスターバックスがありますが、平日の午後3時くらいに行ったにも関わらず大混雑。

一気にやる気が失せました。逆にあまり人が多くない、”ロケーションをミスったスタバ“を見つけられた人はかなり幸運だと思います。

しかし、そんな店舗にすぐアクセスできる人はかなり限られていると思います。

そんな時に僕がおすすめするのが、そう、コメダ珈琲です。

日本初の珈琲店として、着実に店舗を増やしつつありますが、意外と知られていないのが、wifi使い放題であるということ。

メースアドレスorSNSアカウントで登録し制限時間60分。定期的に認証が入るのですが、それさえ更新すれば何時間でも使うことができるんです。さらに、速度も問題なし。アプリダウンロードもサクサクできます。

スターバックスよりも小洒落てお高いイメージのコメダ珈琲ですが、実際の珈琲自体の値段を比較すると、

スターバックスのドロップコーヒー税込345円なのに比べて、コメダコーヒーのスタンダードサイズは税込440円と、100円ほどしか差がありません。(量はコメダの方がやっぱり少ないです。)

しかし、若者やギャルママが多めなスターバックスの喧騒空間を考えると、珈琲自体の値段と量が多少劣っていても、比較的落ち着いた客層が多いコメダ珈琲に軍配があがるでしょう。

家の近くにコメダ珈琲あるよという方は一度行っていると良いと思います。

以上、僕がコメダ珈琲を仕事場としてこっそりおすすめする記事でした。

こちらの記事もぜひ