2020年以降に生き残る職業の特徴とは【共通点はただ1つです】

ども、シマです。

 

もともとホテルマンとして働いていたのですが、ある時からその職業に未来を感じなくなりました。というのもこういった類の仕事は、2020年以降淘汰されていく可能性が高いからです。

 

もし今あなたが、代わりの利く仕事に従事している。特にITにとって代わられる可能性の高い職業についているのなら、黄色信号かもです。

 

一度、今している仕事の未来について考える時間を持ちましょう。ということで今日は、2020年以降に生き残る職業について考察していきます。

5G時代の到来

2020年は区切りの良い年ですね。なんか、世界が動く予感がします。特に日本ではオリンピックも開かれますし、国内も盛り上がる年になるんじゃないでしょうか。

 

そして、ITの世界でも革新が起きようとしています。5G時代の到来です。5Gとは詳しく説明しても謎だと思うので、単純に、「第五世代の通信システムに変わり、インターネットへの接続が高速化する」と考えてもらえれば大丈夫です。

 

5Gの導入で、何が変わるのか。

  1. 動画媒体への移行
  2. IOT・IT技術の進化
  3. 未知のサービスやプラットフォームの誕生

 

こんな感じです。これを見ると一見、

チューたろう
おおすげえじゃん。もっと便利な世の中になるね
と考えてしまいそうですが、問題はそこでは無さそうです。

 

多くの仕事がITに代わり、淘汰されていく

頭の良い人ならもうとっくに気づいているとは思いますが、5G時代の到来が破滅をもたらすモノがいくつかあり、その1つが「仕事」です。

 

インターネットが高速化することはつまり、よりインターネットと現実世界との距離が近くなるということです。従来より高速で精密に動く人工知能が出てくれば、それらが今、人間がやっている仕事を奪い去るのは目に見えます。

 

同じ業務内容でも、性格で速くミスなく仕事できるのであれば、誰もがITを使うでしょう。

 

✔︎具体的な例

  1. ドライバー→無人自動車でOK
  2. 農家→ドローンで農薬撒き、無人トラクターで収穫
  3. 警備員・ホテルマン・受付etc→ロボットがやるので問題なし

 

こんな感じ。

 

さらに、新しい通信システムは、遅延を軽減し、同時接続数も増やすと言われているので、これまでよりもオンラインでの通話がスムーズになり、より多くの人と、よりリアルタイムで会話できということが実現します。

 

こうなると、毎日オフィスにいく必要も無くなりますし、不動産業界なんかにも歪みがいき、リストラされる人とかが増えてきそうです。

 

豊かさの裏には、必ず犠牲者がいるのが、この世界の基本ルールです。

2020年以降、生き残る職業にある1つの共通点

では、犠牲者にならない為にはどうすればいいのか。今後、どんな職業・仕事が生き残るのか。

 

答えは単純で、「ITにとって代わられない仕事に就く」これだけです。とは言っても、ITのさらなる進歩が、人からどの仕事を奪うのかなんて、わかるはずないですよね。

 

ここに関して僕の意見を述べておくと、「クリエイティブな仕事をしろ」

 

ここだと思います。クリエイティビティとは「創造性」。ITの最大の弱点は、創造性です。僕の予想ですが、どこまで人工知能が発達しても、人間が、人間として感じることのできる、感情とか感性に当たる部分は真似できないと思うんですよね。

 

自分という人間だからこそ生み出せる価値。これに必要なのが「クリエイティビティ」です。

 

では、具体的にどんな職業が熱いか

  1. プログラミング
  2. 映像制作
  3. webデザイン
  4. ブロガー

 

このあたりですね。理由を説明すると、まず、上記のような仕事には独創性が必要なので、自分のスタイルを確立できれば、ITに置き換われるという可能性は限りなく低い。

 

そして、これらの職業は5G時代の波に乗れる可能性も孕んでいます。例えば、電車や街中の紙媒体の広告が動画に置き換わる時代がくれば、面白いwebコンテンツ・ウェブ広告動画を作れる人が重宝される。

 

IoTも進むので、プログラミングの需要もさらに高まります

 

関連記事プログラミング初心者が”Progate”の無料版を使ってどこまで学べるのか検証してみた。

 

クリエイティブな職業をいろいろ試し、自分が楽しいと思うものを突き詰めればOKです。僕の場合も色々試しましたが、映像制作とブログでした。

自分でコンテンツを作り出してみる

上記で解説してきたことを主張すると「クリエイティブな仕事につける人なんて限られてる」「才能がないと無理」と批判がくるかもですが、

 

僕は必ずしもそうではないと思います。人間の独創性とういのは、生まれてから現時点まで、外部からの刺激を受けて、自分の中で何かしらは形成されます。外部からの刺激ゼロという人はまずいない。

 

ただ、小学生の時にやっていた図工や美術というような活動も、高校生くらいになると、みんな勉強・勉強、大学生に入るとバイトとサークルと学校になり、クリエイティブな活動を継続している人はほんの一握りです。

 

つまり、単純にアウトプットする環境がないだけ。なので、「自分にはクリエイティブな仕事なんかできない」と決めつけている人は、

 

なんでも良いので自分で何かコンテンツを生み出してみましょう。

 

✔️コンテンツ例

・動画をとってYoutubeにアップする

・LINEスタンプを作ってみる

・プログラミングを勉強してウェブサイトを作る

コンテンツを小さく生み出してみる。まずはここからです。

好きなことを見つけたらひたすら行動

いろんな行動を小さくすれば、1つくらいは、全力でやりたいことに出会います。そしたらそこにフルコミットしましょう。

 

僕の場合は動画とブログだったので、機材を少しづつ揃え、動画を撮りまくり、ノウハウをブログで公開といった感じ。まだ仕事にはできてませんが、今後、映像制作を中心に活動していく予定です。

 

もし、今あなたが何かクリエイティブなことを趣味にしていて、でもお金に繋がらず困っているのであれば、スキルを売るサービスを利用しましょう。


このあたりを使えば、稼ぎつつスキルアップできるので、ぜひ登録してみてください。

 

ということで、時代の流れを常に読みつつ、有意義な人生を送れるよう日々積み上げて行きましょう。

 

んじゃ、また。

人気記事 サービス業を今すぐ辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【IT業界向け】

人気記事 動画編集スキルの需要が伸びる理由と懸念【注意:需要は一過性です】

こちらの記事もぜひ