【現実】2021年に生き残る職業の特徴【生き残れ】

HACKS

ども、しまです。

もう2020年も、もうあと2ヶ月ちょっとで終わりですが、今年は激動の時代ですね。

年始からコロナウイルスが蔓延し、人々の価値観、働き方、ライフスタイル、何もかもが一変しました。

人々は外出を控え、消費活動を自粛し、リストラ・倒産が相次ぎ、経済は大打撃を受けています。

この状況下において、いきのこる業界・生き残る職業というのは、かなり明確なってきています。

たとえば、航空業界などは大打撃ですよね。キャビンアテンダントとかの職業は、結構生き残るのはきついかな、という印象。

実際、ANAが内定者8割ほど取り消しにしていましたよね。一方、コロナの影響にて逆に売り上げを伸ばしている業界もあり、見極めが大切です。

2021年に生き残る職業の特徴

僕が考える、2021生き残る職業の特徴は以下です。

  • 安定した業界で通用する
  • リモートワークに対応できる
  • ITではできない仕事

上記のようなかんじですね。順番に解説していきます。

安定した業界で通用する

安定した業界で通用する職業というのは、言い換えると、どの業界にいっても通用する職業ということです。

スキルや経験には、主に2パターンありますよ。

  • その会社でしか通用しないスキル
  • あらゆる業界で通用するスキル

この場合、あらゆる業界で通用する職業とは、例えばですが、webマーケターやwebアナリスト、あとはエンジニアなど、

会社が取り扱う商品やサービスが変わっても、積み上げてきたスキルを活かすことができる職業は、今後も生き残る可能性が高いです。

たとえ、今回のようなコロナで打撃を受けたとしても、伸びている業界に移ることができるので、こういった仕事は最強ですよね。

他にも、動画編集マンなどは良い仕事です。

リモートワークに対応できる

2021年にオリンピックの開催は延期されましたが、正直なところ、あと一年はwithコロナ時代で、自粛気味の生活は覚悟しておいた方が良さそうです。

仮に、感染が再拡大した場合、また外出禁止などもありえますので、リモートワーク環境に対応できる職業は、生き残る可能性が高いです。

例えば、接客スタッフや受付などは、オフラインでの仕事が基本なので、厳しいですよね。

一方で、動画編集者やライターとかであれば、遠隔でも仕事ができるので、比較的、自粛要請にも耐えることができ、生き残る可能性は高いです。

つまり、パソコン作業を中心とした仕事ということですね。

ITではできない仕事

こちらもかなり重要。レジ打ちなんかは、最近は機械のお店が増えてきましたが、このように、AIに代替されていく職業は今後もどんどん増えていくと思われます。

AIに代替されない職業の特徴は、「独創性を要するかどうか」だと思っており、かりに単純作業ばかりで独創性が必要ない仕事は、機械でできますよね。

もし、自分のキャリアや、働いている業界・職業に不安があるなら、上記のことを一度考えてみるといいかもです。

独創性は機械には、未だ生み出せないので。

2021年を生き残れ

ということで、2021年に生き残る職業の特徴を解説しました。

いつリストラされてもおかしくない2021年なので、早めにアクションを起こして、生き残る職業に転職、もしくはいつでも転職できるよう勉強しておくことが大切です。

僕のブログでは、動画編集での稼ぎ方や、動画編集者になる方法、動画編集の学習方法などについて主に発信していますので、

興味のある人は、ぜひ他の記事も読んでみてください。

んじゃ、また。