海外旅行中の日本人全員に告ぐ。この詐欺手口に気をつけろ【ベトナムで詐欺られた話】


ども、イチタスです。

 

僕はこれまで、バックパック経験も含めて14ヶ国を訪れてきました。しかし、何のハプニングも無く旅を終えた記憶はなく、危険を感じたことも詐欺にあったこともありましたが、難なく乗り切ってきました。

 

旅にハプニングは付き物で、そのトラブルを乗り越えて成長していくのも旅の醍醐味ですが、今回は僕がベトナムのハノイをバックパックしていた時に詐欺にあった話を軽くした後、

 

海外旅行でよくある詐欺の特徴とその対策について解説します。これからひとり旅に行こうと思っている、または、旅行が決まったけど不安という方に読んでいただければ幸いです。

 

ベトナムのハノイで詐欺師と1時間死闘した話

 

あれは、遡ること約1年前の話。僕は人生初のパックパック旅に出かけました。行き先は東南アジアのバンコク⇨アユタヤ⇨ルアンパバーン⇨ハノイ⇨ダナン⇨ホイアンの6都市を巡るタイ・ラオス・ベトナムの旅です。

 

ラオスまでは特に大きな問題もなく、ベトナムに上陸してハノイの街を散策していた時にその事件は起こりました。

 

イチタス
(テク、テク、テク、テク)

 

謎のおっさん
hey!!hey!!hey!!! 

 

何やら、現地のおっさんが僕に向かって話かけてきます。英語ではなかったのでフルシカトして通り過ぎようとしたのですが、

 

謎のおっさん
This! This !! This!!!!!

 

そのおっさんは追いかけきて、何やら僕の靴を指差しながら話を続けます。

 

そして「脱げ」みたいなジェスチャーをして無理やり僕の靴を脱がすと、何と自前の靴お手入れセットで僕の靴を磨き始めました。

 

謎のおっさん
(ゴシ、ゴシ、ゴシ、ゴシ)

 

冷静に考えればそこで明らかに怪しいのは気づくはずなんですけど、その時の僕は初めてのベトナムということもあり気分は舞い上がっています

 

(イチタス)
(おっ。靴磨いてくれんの? ちょうどよかった汚れたし、ラッキー)

 

と軽い感じで磨きを終わるのを待っていました。その後靴裏のゴムも張り替えてもらい、めちゃくちゃ綺麗になったので、

 

(イチタス)
おっちゃんアザース٩( ᐛ )و

 

って感じのノリでその場を去ろうとしたら、また呼び止められました

 

謎のおっさん
60万ドン(スっ)

 

こいつ何言ってんだ? と思った僕は、

 

(イチタス)
What???? No

 

って返答をするも、再び60万ベトナムドンをよこせと言ってきたんです。60万ベトナムドンとは日本で言うと約2800円に相当します。

 

ブラシで靴を数分コシコシしたくらいで3000円も稼げたら良い商売ですよね。ましてやベトナムだとかなりの大金。しかし、ここからの戦いが長かった、、、

 

普通の旅慣れていない日本人であれば、めんどうなことになるのは御免なので泣き寝入りして支払うと思うのですが、マレーシアで仕事を経験していた僕は、東南アジアでは日本人は舐められている事を熟知していたので、圧倒的英語力でまくし立てました。

 

(イチタス)
What a Fu*K are you talking about!!??? Why I have to pay although you did not tell the price beforehand!!!!!  This is what we call a fraud!!!!! Isn’t it !!!!!!!?????

 

圧倒的な英語力を前に為す術ないおっさん。というか、全く理解してくれずずっと金を請求してきます。どうやらその靴を磨く奴らはグループでやっているようで、おっさんの仲間まで集まってきました。

 

それでも、支払う意思は無いという断固とした態度を僕は貫き、その場をスタスタと走り去ろうとしたのですが、おっさんはずーーーっとついてきます。

 

謎のおっさん
60万ドン!!!!!!!

 

「あ、これ埒あかんな」っと判断した僕は、ここで凄まじい機転を効かせてこの場を乗り切ります。

 

(イチタス)
すまん、今現金無いんや( ^ω^ )(本当はあります)

 

謎のおっさん
じゃあ、ATMの場所教えたるから金下ろせや

 

(イチタス)
おっけー。じゃあATM連れて行ってくれ。

 

と、おっさんは僕が逃げないか注意しつつもATMまで誘導します。僕はその隙に、持っている全てのキャッシュと現金を引き出せるカードを服のポッケに忍ばせキャッシング機能が無いクレカだけを財布に入れました

 

連れていかれたATMでクレジットカードを使って引き出すフリをしますが、もちろんキャッシング機能が無いので引き出せるはずはありません。

 

(イチタス)
すまんおっさん。見て。引き出せないんや。すまん(´ε` )

 

僕がお金を持っていないとわかると、ブツブツ言いながら半ギレでどっか行きました。もちろん流石にかわいそうだったので感謝代としてチップは払いましたけど、観光客を目の敵にして悪徳商売をするのはクソと思いました。

 

海外旅行中に遭いやすいよくある詐欺の手口

自意識過剰かもしれませんが、日本人ってすごい海外で目立つような気がします。服装とかにもかなり気を使ってるし、なんかおどおどしてるし(笑)。すぐ目をつけられる

 

それは僕も同じで、海外ではやたら声かけられます。そして日本人の旅初心者は、こういう一見親切な詐欺に引っかかって騙されて泣き寝入りするパターンが多い

 

そこで、僕が実際に体験したものも含め、海外旅行でよくある詐欺の手口をご紹介します。こちら⇩

  • 料金をはじめに言わずにいきなりサービスしてくる
  • はじめに言った金額よりも高いお金を請求してくる
  • タクシーや配車アプリでわざと遠回りして高額請求
  • 観光地へのお供え物を押し売りしてくる
  • 情に訴えかけて募金を募る

 

見て頂ければわかる通り、ほとんどがお金がらみです。

 

今回の僕のベトナムのケースは一番最初の、料金をはじめに言わないというタイプの詐欺。僕の場合は靴磨きでしたが、道案内とか、まさかそれで金取る?? みたいなことで請求されることもあるので、いきなり親切にしてくる人には要注意!!

 

あとは、タクシーとかUber/Grabを使った時に、わざと遠回りするだとか、高速料金を多めに取るとかも一般的な詐欺ですが、ぶっちゃけこれやられるともうわかりません(笑)

 

だってその国に住んでるわけでもないし、土地勘が無いので反論できない。もはや運。もちろん良いドライバーもいます。

 

物乞い系はヨーロッパに多い印象です。一回スウェーデンいた時に、物乞いをフル無視したらめちゃくちゃ罵倒されたことがありますが、基本それでOKだと思います。日本に比べてかなり一般的なので。

 

取り合えず旅は馴れが全て。いろんな経験をしよう

はい、こんな感じで、僕の苦い経験と共に外国でよくある詐欺の手口を紹介しましたが、こういうのって自分の身で体験して初めて実感できるものだと思うので、これから海外に行く人は、臆することなく冒険してみてください。

 

別にお金を多少ぼったくられたぐらいで死ぬわけじゃないし、旅の土産話にもなるので前向きに捉えようよって話です。ちなみに英語力はどの場面においても武器になりますよ(笑)

 

大概泣き寝入りするのって、英語で言い返せなかった時なので(笑)。僕みたいに現地人をフルボッコにできるよう日頃から練習しておくのはありかなと。。。
レアジョブ英会話で無料レッスンを受ける

んじゃ、、 また。

こちらの記事もぜひ