高単価セルフバックアフィリエイト案件3選【初期費用ゼロ】

ども、シマです。問題です。

 

動画編集用のパソコンを買うために、初期費用が必要となりました。何をしますか?

 

①バイト

 

②借金

 

③セルフアフィリエイト

 

・・・チーン

 

正解は③番のセルフアフィリエイトです。

 

セルフバックアフィリエイトとは

 

セルフバックアフィリエイトとは、ASP(Application Service Provider)が提供する商品(広告)を自ら購入し、特典やキャッシュバックを受け取る稼ぎ方のことです。

 

例えば、あなたが

チューたろう
この化粧品めちゃめちゃ使い勝手よくてオススメ

 

と言って化粧品をブログで紹介します。購入者が現れると、購入代金の数パーセントがオススメした人に支払われるというシステム。

 

これがアフィリエイト↓

 

その広告商品を自分で買って手数料を自分で受け取るのがセルフアフィリエイトです。

 

しかし、セルフバックアフィリには落とし穴がありまして、商品を買うためのお金が必要です。加えて、販売価格の数%の手数料しか支払れないので、

 

例えば、還元率3%の商品を900円で購入した場合、30円分しか成果報酬が支払われないわけです。

 

これでは大赤字

 

そこで今回は、セルフバックアフィリエイトでまとまったお金が入ってくる高単価案件を3つ紹介します。初期費用はゼロです。

高単価のセルフアフィリ案件3選

 

いきなりネタバラシですが、高単価アフィリエイトプログラムは以下の3つです。

①FX口座開設

 

②クレジットカード申し込み

 

③ネット回線開通

 

解説していきます↓

 

FX口座開設

 

まずは、外国為替を扱う証券会社の口座開設です。

 

こちら実際のASPの画面ですが、キャンペーン中で30000円まで報酬額が上がっていますね。こういうのもあります。

 

方法は簡単で、①ASPから申し込んで口座開設→②初回取引を済ませる。これで30000円が銀行口座に振り込まれます。僕も申し込みました。

 

クレジットカード申し込み

 

次にクレジットカードの申し込みも結構単価高めです。

 

維持費がかからないカードであれば何枚持っていても問題ないので、3〜4枚くらい作ってガッツリ稼ぎましょう。

 

見た感じ、平均単価は5000円くらいですね。4枚作れば20000円です。

 

ネット回線開通

 

この3つの中では難易度高めですが、もし引越しのタイミングなどが合えばネット回線もセルフバックアフィリで申しこみましょう。

 

こちらも高単価で、新規開通で10000円〜20000円のセルフバックが見込めます。引越ししなくても、乗り換えとかでも全然OKですね。

 

ネットで稼ぐ感覚を身に着ける

①FX口座開設→30000円

 

②クレジットカード契約4枚→20000円

 

ネット回線開通→20000円

 

高単価アフィリ商品を紹介してきました。これやるだけで7万円が入りますね。ただセルフバックは基本的に一回のみでして、継続的な収入は見込めないので、初期費用を稼ぎたい時には有効といった感じです。

 

しかし、セルフバックを行うメリットはお金だけではなくて、「ネットで稼ぐ」を擬似体験することにあると思っています。

 

普通会社員は、労働量や時間を会社に売ってその対価としてお金をもらいますが、ネットビジネスはリモートで完結し、頭を使えばいくらでも稼ぐことができます。

 

難易度はMAXですが、このネットで稼ぐ擬似体験をすることで、ブログやアフィリエイトで稼ぐってどんな感じなのかをイメージすることができるんです。ネット副業にとっつきやすくなりますね。

 

副業を始めたい方には、特に実践してもらいたいです。

おすすめのASP

 

もう一度、セルフバックアフィリで稼ぐためのステップを復習しておきます。

 

セルフアフィリで稼ぐ手順

①サイト(ブログ)を作る

②ASPに登録する

③ASPから案件を申し込み

ちなみに、信頼性の高いASPは以下の3つ

 

①A8ネット

②afb

③もしもアフィリエイト

 

こういうネットビジネス系は怪しいように感じるかもですが、上記企業は立派な広告提供のIT企業でして上場もしています。

 

おそらくあなたが働いている会社より社会的な信用度は上ですよorz

 

2020年は副業最盛期になりそうなのでブログ・Youtubeもいますぐ始めましょう

 

んじゃ、また。

 

人気記事 サービス業を今すぐ辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【IT業界向け】

人気記事 動画編集スキルの需要が伸びる理由と懸念【注意:需要は一過性です】

こちらの記事もぜひ