【実体験】もっともブログ記事が読まれやすい文字数は2,000字である話

SEO

ども、シマです。

初心者ブロガーブログで読まれるにはどれくらい文字数書くべきなの?

そんな質問に答えつつ、文字数をうまく調節する方法も合わせてご紹介します。

僕のブログは月間アクセス一万超えでして、初心者〜中級者目線でアドバイスしてければと思います。

ブログ記事で読まれやすい文字数は2000字

まずブログで読まれやすい文字数についてですが、僕の経験では2000字前後がベストです。

理由は3つ。

  1. 読者が疲れない
  2. 書きたいことが一番まとまりやすい
  3. SEOにもしっかり評価される

順番に解説していきます↓

1.読者が疲れない

たまに、「文字数が多い=情報満載の有益な記事」と勘違いしている人がいるのですが、それは間違いです。価値のある記事には他にも条件があり、例えば、

  • 文章が見やすい(改行されているなど)
  • 文章が論理的で筋が通っている
  • 読者の問題を解決してくれる

とか。文字数が全てではありません。逆に長すぎると、内容が伝わりづらくなるので要注意。2000字程度が一番読みやすく、かつ読み応えがある文字数です。

2.書きたいこといが一番まとまりやすい

2000字という目安は、書き手にとってもメリットがあります。

読まれる文章を書くには、「簡潔に、素早く内容を伝えること」を考える必要があるのですが、その一つの指標が2000字にあたります。

2000字ほどでまとまった文章を書けるようになると、それは文章力が身についてきている証明になるので、2000字で言いたいことを書く訓練をしていきましょう。

逆に、1000字くらいしか書けなかった。書きたいことを書いたら4000字近くになってしまったという人は、文章を操る「2つの力」が欠けています。

この2つの力については、次のパラグラフで解説していきます。

3.SEOにもしっかり評価される

最後は、SEOにもしっかり評価されるということで、2000字だと少ないんじゃないか?と思うかもしれませんが、内容がわかりやすくまとまっていれば、Google検索でもしっかり上位表示されます。

ちなみにこの記事は、僕の記事の中でも検索からのアクセス多めですが、2000字です→インスタグラムを2ヶ月やめたら人生が少し豊かになった【SNS断捨離する方法】

文字数を操る2つの力

初心者ブロガー「適切な文字数はわかったけど、文字数の調節って難しいよなあ。」

ここからは、そんな不満を解消していきます。

身に着けるべきは、文章を構成する上で重要な、膨らませる力」「縮める力の2つです。

  • ➀文章を膨らませる力・・・内容を深堀し、コンテンツにボリュームを持たせる
  • ②文章を縮める力・・・余計な文章を取り除き、簡潔にわかりやすくする

①が文章量を増やすのに対し、②は文章を減らす効果があります。この2つをうまく織り交ぜて、2000字程度で理解しやすい文章を書いていきます。

文章を膨らませる力

文章を膨らませるには手法ありまして、毎回ブログ記事が短くなりすぎる人は、以下の3つを意識してみてください。

  • 5W1Hを意識する
  • 主張→理由→根拠
  • 漢字を「開く」

5W1Hとは「誰が、どこで、何を、いつ、なぜ、どのように」の、文を書く時に重要な6つの項目ですが、短すぎる文章はこれらが抜けていることが多いです。

次に、主張だけの文章も短くなる傾向があります。必ず、主張する理由を述べ、根拠も添えてください。その際、漢字の使い過ぎに注意。

感じをひらがなにすることを「漢字を開く」というのですが、漢字とひらがなの含有率を考えることも、読まれる文章を書く上で重要な思考です。

文章を縮める力

次に文章を縮める力の体得方法です。文章を縮める手法は主に以下です。

  • 代名詞を省く
  • 名詞を並べない
  • 箇条書きを使う 

代名詞の多用。僕もやってしまいがちですが、正直ムダです。

それから、名詞が並んでいる文章も読む気が失せますよね。

そういう時は箇条書きなどを使って、デザイン的にも見やすい文を心がけましょう

良い例文章を縮める手法には3つあります。それは以下です。

  • 代名詞を省くこと
  • 主語をたくさん使わないこと
  • 箇条書きを使うこと

OK例の方が、文章が長ったらしくならず、見た目もすっきりするのでオススメ。

ユーザーの視点を持つことが何よりも大切

つらつらとブログ記事の文字数について書いてきましたが、ユーザーの視点を持つことが何よりも重要です。

んじゃ、また。