ブログのネタ切れはこれで防げる【ネタ切れの悩みを無くすルーティーン紹介】

ども、イチタスです。

 

当ブログをWordpressで本格的に始めてから約2ヶ月ほどが経過しました。ほぼ毎日継続して記事を投稿できており、投稿した記事は45記事ほど。2日に1記事ほどのペースでアップしている感じです。

 

最初の頃は雑記ブログで好き放題書いていたのですが、最近はある程度ジャンルを絞り、カテゴリーを狭めながらも継続して記事をかけています

 

チューたろう
ジャンルを絞ったらネタ切れを起こさないか不安だチュ

 

と、チューたろうと同じ悩みを抱えているブロガーさんは多いと思いますが、僕はブロガー界隈ではかなり影響力のあるmanablogを運営するマナブさんの日々のルーティーンを2週間ほどTwitter上で分析し、

 

加えて、マナブさんのYoutubeチャンネルから“ブログネタが思いつかない問題”を解決する方法の動画も研究しました。

 

そこで今回は、有名ブロガーの行動を分析した結果判明した、ブログのネタ切れを防ぐ方法を紹介します。結論を先に述べておくと、ブログネタはある習慣(ルーティーン)を取り入れるといくらでも湧いてきます

 

なぜブログネタが切れるのか

まずは前提の認識として、ブログネタが切れるというのは正確に言うと間違いでして、ブログに書くネタは実際はいくらでもあるというのが真実。

 

では、ブログネタが思いつかないと感じている人はどういう状態かと言うと、「これは自分が書いても内容が薄っぺらくなっちゃうな。。。」と言う風に、自分で書けるジャンルの幅を限定してしまっている状態と言えます。

 

これがブログネタが尽きたように感じる原因です。

 

これを防ぐための第一歩として、“何のために書くのか? “ということを考える癖をつけましょう。

 

インターネットで調べ物をする時、検索して一つのページだけ訪れて終わりってあんまりないですよね。必ずいくつかのホームページやブログを訪れて満遍なく情報を手に入れようとするはず。

 

なので、どんなに「こんなの自分が書いてもな、、、」と思ったとしても、あなたの経験が誰かの役に立つことは必ずあるので、臆することなく”とりあえず書いてみよう“というマインドを持つことがポイント。

ブログのネタ切れを防ぐコツ

ブログのネタ切れを防ぐコツは、「何のために書くのか」ということから逆算してアイデアを絞っていくこと。という話をしました。

 

「自分と同じ悩みを持つ人に向けて、悩みの解決方法を自分の体験に元に提供する」みたいな感じで、自分と似た境遇にある人を助けるためというのが、この場合の明確な目的にあたります。

 

書く目的が決まったら、次は「記事のキーワードリサーチ」に移ります。書こうと思っている記事のメインとなるビッグキーワードをRelated Keywordsに検索キーワード欄に打ち込んで、ビッグキーワードと合わせてどのような言葉が一緒に検索されているかを分析します。

 

例えば僕は、ブログのネタが思いつかない人を救うためこの記事を書こうと思いました。そこでGoogle Keywordsに「ブログネタ」と打ち込んで、ブログネタというワードと一緒に検索されているキーワードを調べました。

 

上記の画像を見てもらえればわかりますが、「ブログネタ」というワード一緒に「切れ」というワードが検索されていることがわかります。

 

そこからさらに踏み込んで「防ぐ」というワードを組み込むことにしました。「ブログネタ」「切れ」「防ぐ」この3つのワードを軸にして記事を書いていきます

 

このように、”誰かの悩みや不満を解決するため” とか、”誰かの役に立つ情報を自分の体験を元に共有するため” など、目的から逆算してネタを考えていくと、いくらでもブログネタは湧いてきます。

ネタ切れを完全に無くすルーティーン

ここで、僕が影響力のあるブロガーから分析した、ネタ切れを防ぐルーティーンを共有します。それは、アイデアを考える時間を日々の生活の中に取り込んでいくことです。

 

朝起きて歯を磨いている時や、ご飯を食べている時、シャワー中など、常にどんな記事を今日は書こうかな? と考える癖をつけましょう。

 

一つやってはいけないのが、PCの前でネタを考えることです。PCの前で考えだすと、切羽詰まってしまってなかなかアイデアが湧いてこないので、ブログに向き合う前に思いついた事を軸に、記事内容を絞っていくようにしましょう。

 

ブログ記事のアイデアが定期的に浮かんでくるルーティーンを身に着けるのに役立つがツールがTwitterです。ブログをやっていてまだTwitterを運用していない人は、今すぐスマホにダウンロードしましょう。

Twitter

Twitter

Twitter, Inc.無料posted withアプリーチ

 

ブロガーのおすすめTwitter運用方法はこちら⇩

 

1日に約10ツイートほど自分のブログで扱うジャンルに関するツイートを打つ

自分でしたツイートをさらに深掘りする為にブログで発信

発信した内容から派生させたツイートを打つ

 

これを無意識で実践できるようになれば最強です。一般的に収益を産みやすいブログは4~5ジャンルで構成されています。

 

僕のICHITASLOGの場合だと、

  • 海外旅・冒険
  • ブログ運営
  • ライフハック
  • ワーキングホリデー
  • 社会について思うこと

 

この辺を中心にブログを書いており、Twitter上での発信内容もブログと被るようにしています。

 

自分のブログの内容とTwitterでの発信内容を重複させると、自分つぶやきからアイデアを大きくさせる+思考を深めることができるので、ブログのネタ切れ防止にかなり役立ちます

 

アイデアはいくらでも湧いてくる

はい。こんな感じで、何を書いていいかわからない人、なかなかブログが続かない人に向けて対処法を解説してきました。

 

現代のブログの役割って、「ブログ飯」みたいな言葉でも使われるようにビジネス的な要素が強く、有益で役に立つ記事を書かなければいけないと言う風に考えてしまいがちですが、

 

本来ブログというワードは「Weblog」という言葉の省略形で、web上に日々の記録を残していくための媒体として使われていたので、自由にかいて何の問題も無いんですよね。

 

なんで、あまり気負いせずに、自分のペースで好きなことを思いつくままに書いていけば問題なし。ただ、稼ぐブログを目指すのであれば試行錯誤が必要ということで、その話はまた今度できればと思います。

 

今回参考にしたmanablogさんのブログはこちら

 

んじゃ、また。

こちらの記事もぜひ