個人ブログで月間1万PVを達成する方法と「会社の立ち上げ」について

ども、シマです。

 

当イチタスブログですが、2020年4月の月間PVが10,000PVを突破しました!!

 

最初ははてなブログで始めて、途中からワードプレスに移行し、一年以上コツコツと記事を書き続けてきましたが、悲願の月間一万PVに到達したということでお祝いの記事になります。

 

僕のブログは広告も打ってないですし、SNSも活用しておらず、アクセスの9割以上がオーガニックサーチ、つまり検索流入からきていることがわかっています。

 

広告運用でアクセスを伸ばす代わりに、SEOの勉強をしてどうすれば検索で上位を取れるのかを考えた結果、趣味でやっていた映像制作のノウハウ関係の記事で上位を取れる記事が増えていきました。

 

今月5月は初速からアクセスが良く、15,000PVの達成見込みですが、当ブログの目標は月間50,000pvに引き上げ運用を続けて行くつもりです。

 

個人ブログで月間一万PVを達成するコツ

ここからは、ブログを始めたばかりで伸び悩んでいるブロガーに向けて、少しでもアドバイスになればと思い、僕が月間10,000PVを達成するために意識したことを紹介します。

 

前提として、広告やバズの力は借りず、100%自分の力でSEOだけで達成するためのティップスという観点で進めていきます。

 

ブログで一万PVを達成するために意識したことは主に3つです。

①量より質

②カテゴリを絞る

③サイト回遊率の改善

ブログは記事を書けば書くほどアクセスが伸びるというゲームではありません。狙ったキーワードでしっかり検索順位を取り、その検索キーワードのボリュームが大きい、つまり検索する人が多ければ多いほどアクセスは伸びます。

 

つまり質が全てですが、質の高い記事を短時間でかけるようになるには、量をこなさなければならないということです。

 

例えば今だと、「コロナ」というキーワードと「トマト」という気ワードであればどちらの方が検索順位で上位をとるのが難しいでしょうか?おそらく、前者の「コロナ」です。検索する人が多い一方、その需要を見越してアクセスを稼ごうと「コロナ」というワードで記事を書いている人が多いからです。

 

このキーワードボリュームと順位の関係は非常に重要です。ボリュームが大きいからとそのキーワードばかり狙っていても、他の競合に勝てなければアクセスはゼロですし、自分の得意なジャンルで検索結果一位を取れたとしても、検索する人が少なければアクセスは伸びません。

 

そこで、対策として、②のブログのカテゴリを絞るという先方が挙げられます。ジャンルを絞ることで、Googleなどの検索エンジンは「このブログはこのジャンルに関する記事が多いな、、」と判断して、上位表示させやすくしてくれます。

 

例えば、僕のブログには映像制作系の記事が多いですが、かなりアクセスを稼いでくれてます。まずは、2〜3個に発信するジャンルを絞り、一ジャンルに10〜15本ほど記事を書いてみて、狙ったキーワードでの検索順位の推移を見ながら、PDCAを繰り返し、SEOの知識を身に着ける。

 

これが僕の考える個人ブログを最速で伸ばすための近道だと思います。SEOの勉強は必須です、読まれる文章の書き方、Googleに評価される文章構成、キーワードリサーチの仕方などを学ぶ上で特におすすめなのがこちらです↓

 

最後におまけとして、サイト内回遊率の話ですが、Googleアナリティクスの直帰率を見てみて(まだ導入していない人は一刻も早く導入しましょう。)、ウェブサイトの直帰率が極端に高い人は、滞在時間を意識してサイトの改善を行うと良いです。

 

例えば、僕のブログは直帰率90%以上でしたが、画像を圧縮し読み込みスピードの高速化、記事の終わりに関連記事が出てくるようHTMLを追加し、記事を読み終わった人が自分のブログからすぐ離れないよう仕込みました。

 

その結果、現在は直帰率85%ほどまでに落とすことができ、PV数も上がっていきました。今まで1人1ページしか読んでいなかったのが、1人2ページ読むことで純粋にPVは2倍ですよね。

 

そんな感じです。

これからのイチタスログと会社の設立について

はい、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

当イチタスブログですが、一応サーバーとドメイン代は払っており、本業が忙しくなりブログ収入で費用を回収できなければ畳もうと思っていたのですが、一応収益は微力ながら立っており、アフィリの方も少しずつ伸びているので、次の目標5万PVに向けて不定期で更新していこうと思います。

 

本業で学んだWebの知識も惜しまず発信していくので、ブログやウェブ業界で働いている人・働いてみたい人はぜひブックマーク等していただければと思います。

 

そして、これからの僕個人の活動予定もここに記しておきたいと思います。

 

現在、ベンチャーの広告代理店で働いている僕ですが、就職前は起業を考えており、事業計画書まで書き上げて、資金調達に乗り出そうとしていました。動画でホテルを検索・予約できるOTAを作ろうとして、ほら、今って大体の大手オンライン予約代理店って、画像とテキストベースですよね?Bookingとか。

 

そこを動画を使って施設を発信することで、建物の奥行きや世界観をよりリアルに伝える。そうすることで、予約者も宿泊前にイメージを膨らますことができて、宿泊前の宿泊時のギャップから生まれる悪いレビューを無くし、それがホテル側のミスマッチングもなくせるのでは?という考えでした。

 

今となっては本当に起業しなくて良かったと持っています。というのも、コロナの影響でインバウンドは今大打撃です。どこも広告にかけるお金はなく、確実に事業成立していなかったと思います。もしやるとすれば、コロナ収束後の反動からくる観光ラッシュ時にやるのもありかと思ってますが、、

 

今回のコロナ騒動を皮切りに、間違いなく様々な既成概念が壊れ、新しい価値観、考え方が生まれてくるはずです。それが収束がいつになるのかによりますが、必ずビジネスのやり方も、変わり、新しい産業・ビジネス・需要が生まれてくるはず。

 

僕は、そのタイミングで自分で事業を始めるつもりですが、今は準備期間と思って本業に100%力を注いでいるという感じです。

 

事業内容はWeb系で考えています。今働いている会社で学んでいるスキルもいかせますし、自分の人生の目標である、「日本の閉塞感に風穴を開けて新しい風を取り込む」というミッションを最速で達成するためにはネットの力が、そしてこれからは動画の力が必要です。

 

というわけで、最後に未来の会社の名前をお披露目します。名前は「Cyber Protocol」

 

デジタルの力を使って次の世代のプロトコル、つまり議定書になる。「次世代の基準」になるようなウェブ系企業を目指してこの名前にしました。

 

以後、お見知りおきを。んじゃ、また。

 

人気記事 サービス業を今すぐ辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【IT業界向け】

人気記事 動画編集スキルの需要が伸びる理由と懸念【注意:需要は一過性です】

こちらの記事もぜひ