ブログで行き詰まりを感じた時の対処法を解説する【方法は一つだけ。ただし条件あり】

ども、イチタスです。

 

去年の12月頃から本格的にこのICHITASLOGを運営しはじめ、2日にイチ記事のペースで更新してきて、投稿数は50記事を超えました。

 

とにかく質もボリュームもそこそこの記事を100記事投稿するまではやめる気は無いのですが、2月に入ってからモチベーションを維持するのが少し難しくなってきました

 

それでも、ブログは止めずに今もこうやって更新できています。

 

今回は、ブログで行き詰まりを感じているブロガーに向けて、初心者目線ですが、誰でもできるブログマンネリ化対策方法を伝授しようと思います。

 

では行こう☟

ブログで行き詰まったら一旦遠ざかるべき(理由は1つ)

アウトプットに集中しすぎている

 

ブログで行き詰まる理由はただ一つ。アウトプットしすぎです。

 

基本的にブログなどの媒体で文章を書くことは、自分の思考や意見を整理して新しい価値を生み出すアウトプット行為。

 

ブログでのアクセスアップや収益増加を目指して、一気にブログを書き続けた結果ある時行き詰まってしまうのは、

 

頭の中の考えを吐き出して空っぽになった結果、ネタ切れに近い状態になっているためです。

 

こういう時は一旦ブログから離れて、インプットに注力するのが効果的です。

インプットをブログだけに集中させすぎない(別の分野でアウトプット)

 

ブログを始めたての人は、自分の知識と経験をアウトプットしまくり、その結果行き詰まってしまうという話をしましたが、

 

インプットする情報もブログ以外を推奨します。アクセス数のアップやバズる記事の書き方などを調べるのもやめる。

 

その代わりにブログ以外で自分が挑戦してみたかったことをやってみましょう。本を読んだり、釣りをしたり、山登りしたり、なんでもOKです。

 

頭の中にあるやりたいことになんでも良いので挑戦してみると、意外とブログに書きたいことが頭に浮かんだりします

 

ブログから一旦離れるべき理由
※アウトプットしすぎで燃料切れの状☞ブログ以外でインプットしまくる

・方法は本を読んだり、新しい体験をしたりなんでもOK

 

ただし所定条件あり。

ブログで行き詰まりを感じた時は、一旦離れるべきという話をしてきましたが、一旦離れてしまうと二度と戻ってこない可能性が高いのも事実。

 

実際、ブログを始めた初心者の80%が3ヶ月以内でブログを辞めるという噂もあるくらいです。

 

しかし、これまで述べてきた通り、毎日投稿し続ける一つ必要は無くて、何度も挫折して一旦離れても良いので、

 

戻ってきて投稿を再開できるかどうかがブログが続く人と続かない人との差なのかなと思います。

 

実際、ブロガー界隈では有名manablogを運営するマナブさんも、何度も挫折してします。でも続けた結果実績を残しています。

 

この一旦離れて距離を取りつつブログを続けるコツとして僕が提唱するのが、自分で条件を設定することです。それがこちら。

ブログを離れるときに設けるべき絶対条件

休む期間を決める

更新頻度を見直す

ブログで扱うコンテンツを見直す。

上記3つの条件を設定し、それそれについて一度考えてからブログを休むと辞めづらくなります。

 

まずは期間を設けること。これが一番重要かなと思います。どれくらいの期間アウトプットを辞めてインプットに集中するのか。

 

期間設定に関しては僕は何もアドバイスはできません。自分が復帰できるなと感じるまでどれくらい時間が必要かを考えてください。1週間でも、1年でも大丈夫です。戻ってくることの方が大切。

 

そのかわり時間がきたら何がなんでも記事を一個更新すること。そこから少しづつ復帰していく。

 

次に、更新頻度を見直しましょう。

 

これまでブログを成長させることに集中し、毎日更新・2日の一回ペースで更新した結果行き詰まりを感じたのであれば、更新頻度が高い可能性が高いです。

 

理想は、自分のアウトプットとインプットのバランスが良くなるくらいの更新頻度です。週3でインプットに集中するなら、残りの3日でブログを書いて、1日休むとかそんな感じ。こうすると週3で更新できますね。

 

もちろんインプットとアウトプットを1日おきにやっても大丈夫です。このバランスをもう一度見直して、復帰時の更新頻度を改めると、再度ネタ切れでやめてしまうというのも防げます

 

最後に、カテゴリを見直す。

 

自分のブログがあまりに専門的で扱うジャンルの幅が狭すぎるなら、ネタ切れで行き詰まる可能性が高いです。

 

一方幅が広すぎても、アクセスが伸びずにモチベが下がるので、適度な数のジャンルで雑記、でもある程度専門性も兼ね備えたハイブリッド型ブログを目指すとバランスが良いかなと思います。

 

僕が推奨するカテゴリ数は、4~5つ。逆に持っている情報が少なすぎて書くことがないのなら、休止期間中に新しいことに挑戦して他の人より詳しくなれば、十分そのカテゴリに関して記事をかけるので、

 

目安50時間くらい、自分が興味ある新しいことに集中してみてください。

更新頻度よりも質と継続

はい、ブログで行き詰まりを感じている方に向けて対策方法を書いてきましたが、これを書いている僕自身も行き詰まりを感じていて、 自分で学んだことをアウトプットしているだけなので、

 

読者さんと一緒に成長するブログと思っていただければ幸いです。

 

それから繰り返しになりますが、ブログの成長は更新頻度よりも圧倒的に継続の方が大事です。

 

ひたすら更新するくらいなら、きついけれど質の良いボリュームのある記事を書いて、疲れたら一旦距離をおいてインプットに集中し、時がくれば少しづつ復帰。

 

このように上手く付き合っていくことがポイントなのかなと思っている次第です。

 

まあ、ペース配分に気をつけて頑張りましょうってことで。おすすめのライティング本のURL貼っておきます☟

 

復帰した時にでも買って読んでみてください。んじゃまた。

こちらの記事もぜひ