【激ムズ】動画編集副業で稼げない理由を解説【対策も公開】

FILM EDIT

ども、シマです。

「動画編集副業を初めてみたけど、全然稼げない、。誰か稼ぎ方おしえて〜」

こんな悩みに答えます。僕の簡易プロフィールは以下です

  • 2019年に映像クリエイターとして活動
  • 副業サイトや直契約で動画編集のバイト経験あり。
  • 現在は、Web業界で勤務中

現在は広告代理店にてWebマーケティングの仕事をしていますが、今の仕事に着く前は、フリーランスの映像クリエイターとして、動画編集の仕事などをこなしていました。

動画編集副業についてはノウハウがありますが、正直、動画編集副業で稼ぐのは鬼ムズです。

しかし、それでも抜け穴はありまして、今日は、動画編集副業で稼げない理由と、それでも稼ぎたい場合の対策を解説していきます。

あなた動画編集副業で稼げない理由

厳しい現実ですが、動画編集副業は経験や実績がないと全然稼げない、難易度の高い副業です。稼げない理由は、市場のレッドオーシャン化と時給の低さにあります。

やってみるとわかりますが、動画編集副業では以下の作業が必須です。

  • 素材(撮影した映像)のカット
  • テロップ・テキスト追加
  • 効果音の挿入

これらを処理するだけでも、サクッと3時間から4時間かかります。10分にも満たない動画を作るのに4時間です。

初心者がココナラクラウドワークスで取れる案件はせいぜい単価一本500から1000円ですので、時給計算したらですよね

動画編集副業で収益を伸ばすためには

ここまで読んでいただい方は、現在絶望していると思いますが、諦めるのはまだ早いです。

しっかりと単価を上げて、継続的に案件をくれる発注者を見つけることができれば、動画編集副業はまだ参入余地がある副業なので。。

こんな僕でも、最終的には一本3,000円ほどで受注できましたので安心してください。

ここからは、動画編集副業で収益を伸ばす方法について解説していきます。

動画編集副業で収益を伸ばす方法は3つ

  • 1.編集スキルを磨く
  • 2.他の人にはない強みを見つける
  • 3.ストック型報酬に繋げる

順番に解説していきます。

1. 編集スキルを磨く

編集ソフトを使い込んで、素材のカットやテロップ作成といった基本的な作業のスピードを上げて行きます。

同じ単価の案件を出来るだけ早く編集できるということは、実質的に時給が高くなるということ、そこから複雑なエフェクトなどを入れる練習をすればOK。

スキルで差をつけたいなら、コツは良い教材に出会うこと。以下で解説しています↓
人気記事 動画編集独学におすすめのオンライン教材を紹介【2020年度版】

2.他の人にはない強みを見つける

自分が編集することで、発注者とってどのようなメリットがあるのかを常に意識しましょう。

例えば、「自分が動画編集を担当することで、導入部分に置ける視聴者の離脱率を下げることができる」など、自分の編集マンとしての強みを証明することができれば、発注者側もお願いしたくなります。

他にも、「動画の特徴をよく理解し、雰囲気に合わせて編集できる」など、編集者としての価値を最大限アピールしつつ、報酬アップの交渉をしていきましょう。

3.ストック型報酬に繋げる

ストック型報酬と言うのは、積み上げてきたコンテンツが収益を産んでくれるビジネスモデル。ブログとかYouTubeですね。

動画編集代行を実際に経験して得た知識やノウハウを、ブログやYoutubeをで発信することで広告収入を得る方法。

いわゆる不労所得に近いものですが、動画編集方法で稼ぐ方法をコンサルしたり、教材にして販売することで収益を大幅にアップできます。

動画編集ノウハウを貯めれば、人に教えることで収入を得たりできます。

稼ぐには行動と改善しかない

動画編集副業で稼ぐ方法について解説しました。

正直、行動してみて、悪かったところを直してスキルアップする。これに尽きると思います。今、動画編集副業で稼げないと悩んでいる人は、今回の内容を参考にしてみてください。

んじゃ、また。