映像制作における音量調整の基準【重要です】

ども、シマです。

 

今回は、「映像制作時におけるBGM音量について」解説していきます。

 

僕は、シネマティック動画を主に制作しているのですが、音楽をWEBサイトからダウンロードして、音楽に合わせて編集していくという流れが一般的です。

 

この際、素材の音源をそのまま入れることはせず、基本的には映像と音声を切り離して使用しているので、BGM音量の調整というのは、いつも気にする必要があります。

 

インタビュー形式で音声を入れる場合は、BGMが会話していている声より大きくならないように注意しましょう。

 

チューたろう
Youtubeの動画編集代行をする時も、音量調節は非常に大切

映像制作における音量調整の基準

先日、こんなツイートをしたのですが、この記事の内容は、以上でほぼ完結です。

・インタビュー・人の声=-5dB

・音楽をメインで映像に合わせる=-15dB

・その他のサウンドエフェクト=-5dB

上古が、平均値。

 

ちなみ、私たちが普段よくみているテレビ番組などは、-14dBで制作されていることが多いそうなので、参考までに。

 

初期設定の音声が大きすぎたりすると音割れが入っちゃうので、ノイズリダクションなどの機能もうまく使用しましょう。

 

あとは雑音とかもガンガン拾ってしまうので、カメラに使用するマイクなどにも気を配りたいところです。ちなみに、一眼におすすめのコスパ最強マイクはVideomicroプロ

参考記事:【予算30万】映像制作におすすめのカメラ機材を紹介【Youtubeにも使える】

 

音量調節は動画制作の心臓

というわけで、映像制作で甘く見がちな、BGMの音量設定について解説しました。

 

音量がデカすぎて声が聞こえない」というコメントをYoutube上でよく見かけますが、理由は、動画編集を外注するユーチューバーが増え、見落としがちになったからだと思っています。

 

チューたろう

自分でYoutubeチャンネルを運営する人も、動画編集を代行する人も、ぜひ音量調節には気をつけて編集してください。動画の滞在時間や視聴回数に大きく影響する内容なので。

んじゃ、また。

関連記事映像制作を独学で学ぶ方法を解説【本や学校は必要なし】

人気記事 サービス業を今すぐ辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【IT業界向け】

人気記事 動画編集スキルの需要が伸びる理由と懸念【注意:需要は一過性です】

こちらの記事もぜひ