映像制作で生計を立てる方法4つを解説【目先の金を捨てる】

FILM EDIT

ども、シマです。

 

僕は今、フリーランスの映像クリエイターとしてこれから活動していく上で、とても悩んでいることがありまして、

 

もしかすると、これから映像業界で活躍したいと思っている人で、僕と同じような悩みを抱えている人が入れば参考になるのでは?と思ったので、共有します。

 

まあ、どんな悩みかと言いますと、フリーランス映像クリエイターとしてどうやって生計を立てていくのか?についてです。

 

今の僕に考えられる手段としては4つありまして、

 

  1. 動画編集で稼ぐ
  2. 中小企業のPR動画やウエディングムービーの作成
  3. Youtubeで発信
  4. 自分のプロダクトを売る(アフィリ等含む)

 

この4つ。僕の見解として、これら全てに手を出してお金を稼ぐのは、全て中途半端になってしまうので、できれば2つほどにフォーカスしたいのですが、映像制作初心者の自分が、今どの選択をするべきかというのは大きな問題です。

 

これら4つのジャンルにはメリット・デメリットがありまして、僕が思うに以下です。左がメリット、右がデメリット。

  1. 動画編集→即キャッシュに繋がる→単価低い・つまらない
  2. PR動画作成→まともに稼げるようになるまで時間はかかるが、経験を積めばしっかりした仕事になる/楽しい
  3. Youtube→お金を稼ぐ手段としては難易度高い→映像のモチベ維持やブランディングに最適
  4. 自分のプロダクトを作り販売→ある程度の知名度が無いと厳しい。多角方面から収益化可能。

 

ざっくりこんな感じです。一度、とにかくキャッシュを稼ごうと思い、編集代行の仕事を受注したことがあるのですが、

 

アウトソーシングサイトとかだと、一本500円〜。良くて1000円とかです。最初は単価が低いのは仕方無いと思いますが、それにしても安すぎる。ここからさらに10%の手数料が引かれます。

 

一本500円の案件を編集するのに、例えば3時間かかったとして時給換算するとかなり厳しいです。

 

またこういった仕事が言えば、「代わりが効く仕事」でもあり、クリエイティビティさは要求されません。クリエイターとして実績・作品が残らないというのは死を意味します。

 

これを踏まえた上で、色々悩んだのですが、僕は2と3のオプションで攻めつつ、実績とノウハウを積んで4に取り組んで行こうと思います。

 

やっぱりの人間は仕事をするために生まれてきたわけではないし、楽しんでこその人生だと思うので、それがお金に繋がるまでどれだけ時間がかかろうとも、僕は楽しさを優先していきます。

 

とりあえず新しいPCの借金を返す方法はまた考えるとして、最近は案件も取れたので、ワーホリ後の仕事は映像関係に就こうと考えています。

 

またYoutubeチャンネルでは旅動画を上げているので、良かったら観てください。

ICHITASVLOG

んじゃ、また。