24歳で起業した僕の1ヶ月目の収益を公開【現実は厳しい】

ども、シマです。

 

税務署に開業届けを出してから1ヶ月が経ったので、収益含む近況報告と事業内容を記しておこうと思います。

 

独立を考えている人の参考になれば幸いです。

 

独立1ヶ月目の収益合計

先日出したこちらの記事と内容が結構被ってしまい申し訳無いのですが、

 

参考記事: ブログを一年間続けて得た収益と続けるコツを解説【収益報告します】

 

独立1ヶ月目の売り上げは、

 

1388円でした。

 

事業内容としては、現在2つやってまして、どちらもメディアの運営。

 

一つがこの。イチタスブログで、もう一つが動画で宿探しができるメディアサイトなのですが、

 

実質この2つ目のメディアはまだ動かしていないので、売り上げはゼロです

 

なので、前売り上げは、このイチタスログから生まれているということになります。

 

事業だけでは食っていけない

もちろん、今は、自分の事業だけでは生活できないので、アルバイトを始めました。

 

2つやっており、どちらも家具屋なのですが、一つは企業のSNSを動かして売り上げを立たせるマーケティングの仕事です。

 

自身の事業内容とも連携が取れて、それぞれのスキルの掛け合わせができるので、運が良かったなと思っています。

独立は手段の一つ

個人が開業する・独立を志す理由はそれぞれですが、僕の場合は、

 

会社に働く場所・時間を強制されたくない

上司や社長よりも稼げるレベルにいきたい

 

この2つでした。この目的を達成するためには、独立しか手段が残されていなかった

 

✔️前職はサービス業でして、一日14時間勤務休憩1時間の生活を続けた結果、僕は倒れ病院に運び込まれました。

事件が起こったのは、人事異動で関東の店舗からから地元の関西に戻ってきた矢先のこと。

 

手術含め2週間の入院生活を終えると、今度はすぐに「北海道に行って欲しい」と言われました。

 

入社する前は、「仕事でいろんな土地を巡ることができてラッキー」なんで思っていましたが、

 

実際、移動しまくりで勤務地も勤務時間も企業に縛られる生活がストレスでした。

 

だから、自分で稼ごうと決めた。

 

収入面の不安もありました。

 

サービス業界は、繁忙期にはほぼ休みがゼロ。ただ、残業代は出たので、良い時だと30万以上は手取りで受け取っていました。

 

新卒入社半年目にしては良いかもしれませんが、自分の中では絶望

 

「こんだけ死ぬ気で働いて30万、、、」

 

チューたろう
貰えるだけありがたいじゃないか

 

と反論がくるかもですが、

 

そもそも「お金を会社からもらう」という思考回路が頭の中にある時点で、会社がもらう給料以上に稼げないことを認めちゃってますよね。つまり、あなたの評価は会社がする。

 

この考えを捨てた僕は、その後一度考えをリフレッシュするためオーストラリアに飛び立ちます。

 

オーストラリアにいる間、自分は何者なのか、何がしたいのか、何ができるのか、何をすべきなのかひたすら考え続けました。

 

でも、考えたって答えは出なかった。

 

そこで僕は、帰国後の計画を、「自分で月20万稼げるようになる」と設定しました。

 

そして現在は、目標達成のために動いています。

 

このブログも目標達成のための手段の一つで、TOIECを900以上とって、実践的な英語を教える英語学習コミュニティの立ち上げなども考えています。

 

とにかく、もがいてもがいて、自分の事業で生活できる水準まで持っていきたい。

 

あ、僕の書いていることがイマイチ納得できなかった人は、この本でお金の勉強をすると良いかもです。バイブルです。

んじゃ、また。

人気記事 サービス業を今すぐ辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【IT業界向け】

人気記事 動画編集スキルの需要が伸びる理由と懸念【注意:需要は一過性です】

こちらの記事もぜひ