【メモの魔力 要約】ファクト⇨抽象化⇨転用の使い方を解説

HACKS

ども、シマです。”メモの魔力”を読了しました。

今日は、この本で紹介されている【ファクト⇨抽象化⇨転用】、このフレームワークを中心に解説します。

【メモの魔力】重要ポイントは3つ

メモの魔力のポイント3つ

  1. 人の成長にメモは不可欠
  2. ファクト⇨抽象化⇨転用を行う
  3. how型・Why型が大きな価値を生む

意味不明なので、順番に深掘りしていきます。

1.人の成長にメモは不可欠

ここでいうメモとは、記録用のメモではなくて、知的生産性を上げる為のメモ

知的生産生を上げるとは、

世の中にあるヒット商品や、自分が直面している問題などに対して、何が(what)、どのように(how)、なぜ(why)そうなのかを考え、メモに書き出していくことです。

メモを取るメリット⇩

  1. 知的生産性が増す
  2. 情報獲得の伝導性が増す
  3. 傾聴能力が増す
  4. 構造化能力が増す
  5. 言語化能力が増す

メモを取っていく過程で、上記の5つのスキルが磨かれ、気づきをチャンス変えることができるようになります人の成長という観点においてメモは偉大です。

2. ファクト⇨抽象化⇨転用を行う

この本では、ファクト⇨抽象化⇨転用の考えが説明されています。

筆者はメモを駆使してトレーニングする事を推奨していますが、本の内容の5~6割は、この著者の前田さんが実際にこのフレームワークを使用した結果アウトプットできたサービスの紹介です。

フレームワークの具体的な使い方は後ほどのパラグラフで解説します。

3. how型・Why型が大きな価値を生む

ファクト⇨抽象化⇨転用の工程には、what型・how型・shy型の3つが存在するのですが、この中でも特に重要なのが、how型とwhy型です。

流行っているお店やサービスなどに触れた時、それがなぜ、どのような背景があって流行っているのかを考える事が有益な知的生産に繋がります。

「なぜ ?」を考える対象

  1. 世の中でヒットしているもの
  2. 自分の琴線に触れるもの
  3. 顧客からの願望
  4. 社内で起きている問題や課題

なぜ? を常に考え、理由をメモに書き出していきましょう。

ファクト⇨抽象化⇨転用の使い方


ここからは、フレームワークの使い方を具体的に解説していきます。

フレームワークは3つです。

  1. ファクトの発見
  2. 抽象化
  3. 転用

①ファクトの発見

ファクトの事例

  1. 世の中でヒットしているもの
  2. 自分の琴線に触れるもの
  3. 顧客からの願望
  4. 社内で起きている問題や課題
優れたアイデアは、この4つのファクトの中に隠れている「不」から生まれます。人が不満に思っていることはないか、不平等なことはないか、不便は?

これらをお金を払ってまで解決したいと思う人が多いなら、それはビジネスにつながります。

②抽象化

次に、発見したファクトから、抽象化を行い、成功事例や問題などの本質を探っていきます。

抽象化では、何が・なぜ・どのように流行しているのか、または何が問題なのかを、できるだけ具体的に洗い出します。

③転用

ファクトから抽出した、「客観的なヒットの背景や理由を分析」し、自分の事業や仕事に応用します。

例えば僕の場合だと、既存の人気サービス(ファクト)から、"宿泊旅行は浪費ではなく投資で使う人が増えている"という、客観的なヒットの背景を抽出し、それを積読解消パックというサービスに落とし込みました。

このフレームワークの応用は、口で説明するのが難しいスキルなのですが、使って慣れろとしか言うことができません。ぜひ読んでみてください。

余談ですが、メモの魔力の巻末に特典として付録してある自己分析1000問が自己内省を深めるのにオススメです。

必読 メモの魔力-The Magic of Memos-

んじゃ、また。