動画編集独学におすすめのオンライン教材を紹介【2020年度版】

FILM EDIT

ども、シマです。

今日も動画編集・映像制作関連の記事を書いていこうと思います。

これまでいくつかの記事で、動画編集は無料教材だけでOKという話をしてきました。

しかし、コロナ禍における自粛期間・外出禁止要請から、多くの人が在宅ワークの動画編集に興味をもち、動画編集マン希望者が増える中で、並大抵のスキルでは仕事が取りづらくなっていると考えられます。

それは僕のブログの読者データからもわかっており、最近アクセスが集中しているのは映像制作系の記事で、かなり需要があるようです。

裏を返せば、動画編集市場はそれだけレッドオーシャンになりつつあるという事。

これまでであれば、映像制作や動画編集を学ぶとなれば、専門学校に入り、テレビや映像関係に就職するというのが王道ルートでしたが、今はネットで独学し、個人で仕事をとっていく時代ですよね。

そんな中で、ネット上には無料で動画編集を学べるコンテンツが溢れていますが、やはりそれだけだと突き抜けられない。

そこで今日は、周りの動画編集マンにスタートダッシュから差をつけて、一刻も早く動画編集の仕事を取るために使えるおすすめ教材を紹介したいと思います。

オンラインサロンはどうなのか?

教材を紹介する前に、動画オンラインサロンの是非について考えてみます。

僕は以前、日本最大の動画コミュニティTranseSalonに加盟していた時期があり、その体験談や動画サロン加入の是非については、こちらの記事で書いてますので、ぜひ読んでみてください。

人気記事 TranSe Salonに入会してみてわかったこと【日本最大の動画コミュニティがスゴイ】

今は、コロナの影響で少し意見は変わりますが、動画サロンはコロナ禍だと少し損かなと思います。

というのも、僕が思うオンラインサロンの最大のメリットって、普段出会えないような人と出会える「繋がりのチャンス」だと思うんですよね。メンバー同士で飲み会を企画したり、一緒に撮影に出かけたり、編集の勉強会を開いたり。

ただ、今は感染拡大防止のためリモート中心なので、その1番の魅力が享受できず、結局オンラインでその他のコンテンツを楽しむだけで終わってしまっている感はあります。

もちろん、撮影や編集に関して気軽に質問できて、問題解決がスムーズという強みもありますが、基礎中級レベルの動画編集の方法を学ぶくらいであれば、しっかりロードマップ化されたオンライン教材を買い切りで購入し、集中して一気に学習するのがベスト。

早速、オンライン学習教材を紹介していきます。

現代最強の動画学習オンライン教材はこれ

最近だと、人気の動画学習コンテンツがたくさんあります。Udemyやmovie hacksなどが有名ですが、僕が押すのはやはり、信頼性・コスパ抜群のUdemy

オンラインサロンやスクールと大きく違うのは、継続課金型ではなく、買い切りの教材であるということ。これであれば、解約し忘れなどを心配する必要はなく、損をすることもありません。

また、動画サロンで提供されているコンテンツ量と引けをとらないくらい豊富な教材が用意されており、目的に応じたコースを購入すればOKです。

オンラインサロンで提供されているような出会いの繋がりや質問コーナーなどはありませんが、コスパ重視で一気に基礎知識を身につけて動画編集の仕事や映像関係の仕事を受注したいのであれば、うってつけはUdemy一択ですね。

映像編集の副業は、ライティングなどの他の案件と比べると単価が高いので、CrowdWorksなどで2〜3本ほど仕事をこなせばあっさり、元は取れます。

ということで、オンラインサロンとの比較をしながらオンライン教材udemyを紹介してきましたが、自分なりにどちらが良いかを考えてみて、もしいいなと思われた方はぜひ一度udemyを利用してみてください。

もちろんキャリアップや収入アップにも便利な教材です。

んじゃ、また。