プログラミング初心者が”Progate”の無料版を使ってどこまで学べるのか検証してみた。

ども、シマ(@Ichitas1)です。

 

僕は元ホテルマンでサービス業出身なのですが、最近は独立してウェブサービスを立ち上げながら、プログラミングの学習にできるだけ時間を使っています。

 

そして今日のお題ですが、「プログラミング未経験の元ホテルマンがProgateを使って学んでみるとどこまで理解できるのか」

 

これについて実体験に基づいて書いていければと思います。

 

この記事を読んでもらいたい人としては、

1.プログラミングを始めるか迷っている

 

2.プログラミングを始めたいけど何から手を付ければいいかわからない。

 

3.プロゲートって聞いたことあるけど実際やる価値あるの?

 

このあたりの不満や疑問を持つ人に向けて書いていくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

Progateとは

まずは、Progateとはなんなのじゃいという話ですが、

 

プロゲートは基本無料で、途中からが課金型になるオンラインのプログラミング学習教材です。

 

シマ
ウェブデザインで必要となるHTMLやCSSはもちろん、アプリ制作に使えるSwiftまで、様々なプログラミング言語の基礎中の基礎を無料で学習できるのが大きな強み

 

それぞれの言語の基礎は無料で学べることができるのですが、初級・中級・上級編と分かれており、中級編以上は課金することで開放されるといった使用です。

 

とはいっても、Progateでは月額980円で有料会員になることができ、1ヶ月何万円もするようなエンジニア用のオンラインスクールなどに比べるとコスパ面では非常に良きです。

 

なので、プログラミングスクールにかけるお金がない人や、独学でも学べる自信がある人は、とりあえず無料版から初めてみて、気に入ったら有料会員になってさらにプログラミングを極めるのもアリですね。

実際に試したみた感想

ということでここからは、元ホテルマンでプログラミングに関して微塵の知識も無い僕が、実際にProgateに挑戦してみた感想を書いていきます。

 

まず率直な感想として、とっかかりには非常に効果的という印象を受けました

Progateの最大の特徴は、学習中に、お題に関するメモを随一チェックすることができるので、手を止めることなくコーディングの練習を進められるということ。

 

プログラミングは暗記勝負ではないので、何度も反復して体で覚えるということが重要になってきます。スポーツと同じです。その点、プロゲートではいつでもヒントにアクセスできるので反復練習に向いています。

 

プログラミングは難しいモノというある種のマインドセットを取り払うのにはうってつけのオンライン学習教材です!!

 Progate はやる価値ある?

初めてのプログラミング学習にどの教材を使用するべきかで迷っているなら、プロゲートは間違いなく選択肢の一つに入れて問題ないでしょう。

 

理由としては、上記に挙げたように、とっかかりの楽さと無料教材があるということが挙げれます。

 

迷っているのであれば、楽しい楽しく無いかに関わらず、とりあえずProgateの無料版を全部やってみて、少しでも続けられそうだなと思ったなら、少しづつ扱う勉強教材の幅を広くしていけば問題なしです。

 

プロゲートを終えた後にやること

さてここからは、

 

チューたろう

もうプロゲートの無料版を全部やっちゃったよ! 次は何に手を出せば良いの?

 

という方に向けて書いていきます。

 

調べてみるとプログラミング学習方法は無限にあります。通える人は講師と対面で直接指導してくれるスクールに通うという選択肢が有効的ですが、

 

誰もが都市部に住んでいるわけではないので、インターネットを使って学習できるオンライン教材が一番効率が良いかなという印象。

 

代表的なオンライン教材を目的別で分けると以下のような感じです。

  1. 予算を抑えて学習したい→Progateの有料会員になる
  2. 独学でも就職できる程度までレベルアップしたい→Udemyの教材
  3. 転職支援もしてくれて、確実にプログラマーになりたい→TECK;;CAMP

 

上記三つは、プログラミング学習教材の中でも特に評判がよく、外れのない選択肢であると断言できます。

 

特に、今サービス業などに従事していて、将来のキャリアアップや年収アップに対して不安を抱いている人は、多少初期投資しても、TECH::CAMPを使ってしっかり転職するのが良さそうです。

 

 

シマ
テックキャンプの代表で、Youtuberでもある「マコなり社長」も人柄が良さそうで、安心して学習&転職活動を進められそうです。

 

僕自身はガッツリエンジニアになりたいというわけではなく、個人で運営するウェブサービスやブログのカスタマイズを行い、LPの制作程度であれば受けられるくらいのスキルを身に着けることを最終目標としているので、

 

あなた自身の目的に応じて、使用する教材を検討することが何よりも大切です。

 

自分にあった学習方法を見つけて、プログラミングという強みを身につけましょう!!

 

んじゃ、また。

人気記事 サービス業を今すぐ辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【IT業界向け】

人気記事 動画編集スキルの需要が伸びる理由と懸念【注意:需要は一過性です】

こちらの記事もぜひ