退職代行サービスを使うべき人はどんな人?【僕が退職代行サービスを使わず辞職した理由】

ども、イチタスです。

 

皆さんは、退職代行サービスというのをご存知でしょうか? その名の通り、退職した人と会社との手続きなどを代行してくれるサービスです。

 

年末に退職した僕もこのサービスは会社員の時から知っていましたが、退職手続きは自分で全て行いました。

 

当サービスは今すぐ会社を辞めたい人にとっては魅力手に見えますが、本当にメリットだけでしょうか? 今回は、退職代行サービスを使うべき人はどんな人か理由も踏まえつつ解説していきます。

 

退職代行サービスとは

そもそも退職代行サービスとは具体的にどのような内容なのか簡単に解説☟

退職代行サービスとは
会社を辞めたいけれど辞めづらい状況にある人の代わりに、会社に連絡して退職手続きや貸与品の返品などを請け負ってくれるというもの。申し込み即日で対応してくれる業者が多い。代行費用は雇用携帯によって変動するところもあり、約30000円~50000円

 

アルバイトでも経験したことがあるかとは思いますが、退職理由の説明や、辞職表の提出、貸与品の返却、社員寮の鍵の手渡しなどなど、退職には様々な手続きが付きまといます。

 

僕も経験しましたが、一度退職を決意すると会社の人とやり取りするのが億劫になりますよね。とにかく出来るだけ関わらずに会社を去りたい。そんな時に会社との様々なやり取りを全部請け負ってくれる退職代行サービスは魅力的です。

 

退職代行サービスを使うデメリット

退職代行サービスを使うメリットは上のパラグラフで説明した通りです。

退職代行サービスを使うメリット
煩わしい手続きをする必要がない

会社の人と顔を合わせることなく辞められる

貸与品などの返品も代行あり

このように、とにかくこれ以上会社と関わらず退職したい人にとっては今すぐ利用したいサービスかなという印象。

 

ただ、退職代行サービスはメリットばかりでしょうか? 退職代行サービスを使った場合、周りからどのような反応をされるのか気になる人もいると思います。

 

僕が考える退職代行サービスを使うデメリットはこちら☟

退職代行サービスを使うデメリット
会社の人との関係が悪くなる

費用が高い

慣れてしまうと繰り返す可能性が高い

 

「退職代行サービスを使っている時点で会社の人との関係とか気にしないとは思いますが、コネクションというのは会社を去ったあとも持っておいて損はないので、少しだけ考え直しても良いかもしれません。

 

次に、お金の問題。雇用形態に応じて金額が変わると言えども、退職するためだけに3万円近く払うのは少しもったいないかなと。とは言っても、お金の価値観は人次第なのでなんとも言えません。

 

最後に、これが一番のデメリットだと思っていますが、退職に慣れてしまう危険性です。一度退職代行サービスを使ってサクッとやめることができると、次に入った会社も、何か嫌なことがあればすぐに辞めてしまう可能性が高い。

 

特に、一度サービスを使うと次回以降の料金が安くなるシステムなども存在するので、安易に退職するクセがつきかねないので、。

 

退職代行サービスを使うか迷っている人は、メリットだけでなく、リスクもしっかり頭に入れて検討するようにしたほうが良いかもしれないですね。

 

僕が退職代行サービスを使わなかった理由

前述の通り、僕は退職代行サービスの存在を知っていましたが、結局は自分で全てやりました。

 

これといった大きな理由はないですが、社長と直接話をした結果出した答えだったので、比較的円満退社だったことから自主退職を申し込みました。

 

加えて、新卒の自分を雇ってくれた会社で、様々なことを教えてくれた上司の人もたくさんいます。良い人が多い職場だったので、人間関係的も自分の口から退職を切り出すのが筋だと思ったのも理由の一つ。

 

まとめると、金額面・人間関係等考えたで、結果使うに至らなかったという次第です。

 

会社がブラックなら今すぐ使うべき

 

 

チューたろう
結局、どういう状況にある人が退職代行サービスを使うべきでなんでチュか?

 

僕が思うのは、今働いている会社がブラックorブラックだと思うなら今すぐ利用するべきかなと思います。

 

退職の意向を示すと、「人が足りていない」とか「今はちょっと」とか言ってくる会社は、話し合いをしても体力を消耗するだけなので、今すぐ退職代行サービスに相談してみても良いんじゃないでしょうか。

 

退職に関わらずですが、人生における選択はタイミングが全てだと思っています。今退職したいと思っていても、会社になあなにされて引き延ばしているうちに、その状況に慣れてしまい、結局居続けるみたいなパターンは結構多い気がします。

 

理不尽な職場で仕事を続けていても体と精神を病むだけなので、退職を考えるくらい辛い環境で仕事を続けているのであれば、一度立ち止まって今の現状を確認してみましょう。

 

それでどうしてもやめたいと思うなら、退職代行サービスを考えてみるのはアリかなと。一度下の記事でも読んで考えてください。

関連記事:日本という国が、無理して働いて稼げば稼ぐほど貧乏になる社会であるという現実【対策も解説】

 

んじゃ、また。

こちらの記事もぜひ