TranSe Salonに入会してみてわかったこと【日本最大の動画コミュニティがスゴイ】

FILM EDIT

ども、シマです。

今日は、映像クリエイターの”大川優介”くんが主宰している動画コミュニティ”Transe Salon”に参加していた時のエピソードをお話します。

僕は約2ヶ月メンバーとして参加していました。

今回は、こんな疑問に答えます

  • TranSe Salonサロンとは(入会のメリット)
  • 費用はいくら?
  • ぶっちゃけ入会する価値ある?

入会を迷っている人にぜひ読んでいただきたい内容となっています。

TranSe Salon(Yusukeサロン)とは

今だと、ホリエモンのHIUやキングコング西野のエンタメ研究所など、様々なオンラインサロンが存在しますが、Transeサロンも同様です。

月会費を支払うことでチャットツールのグループに参加でき、様々なサービスを利用できるようになります。

入会する主なメリットは3つ

  • ①コミュニティ内で映像制作に関する質問ができる
  • ②いろんなクリエイターと繋がることができる
  • ③会員限定の特典をゲットできる

深堀りしていきます。

①コミュニティ内で映像制作に関する質問ができる

独学で撮影方法や編集の勉強をしていると、必ずどこかで壁にあたります。

そんな時に毎回ググってると時間がかかりますが、サロン内で質問すると誰かが答えてくれるのでスキルアップが早いです。個人的に、これが一番ありがたい。

僕がいたときは質問専用のチャンネルがありました。そこで皆さん質疑応答してましたが、現在は別で質問サービスがあるみたいです。やはり、需要がかなりあるんですね。

②いろんなクリエイターと繋がることができる

トランスサロンは、オフラインの出会いを大切にしています。

【関西グループ】・【海外グループ】など、いろんなグループのチャンネルが存在し、それぞれ撮影会や飲み会が開催されています。1人で動画作りしていて、撮影仲間が欲しいという人にはオンラインサロンはうってつけ。

僕は、タイミングが合わず参加できなかったのですが、運が良ければ、大川くん本人に会えたり、その取り巻きメンバーのも会えるので、学べることは多いのではないでしょうか。

また、合宿なども開催しているので、参加できる可能性が高い会員になるメリットはおおき

③会員限定の特典をゲットできる

様々な特典を享受できるのも魅力の一つです。

会員だけ向けの特典が用意されており、具体的には、レンタル機材の割引・音楽ダウンロードサイトのキャンペーン・会員限定向けの動画コンテンツなど、盛り沢山。

こういった特典は随時アップデートされていくと思うので、どんなサービスがあるかは、実際にサロンの公Twitterや大川優介くんのチャンネルをフォローしてチェックしてみてください。

迷ってるなら入会するべき

ここからは、2ヶ月実際に所属してみて感じたことを包み隠さずに話していきます。

正直、Transeサロン自体はとてもハイクオリティです。月会費も月1000円と破格の安さなので、入会を迷っているのであれば、ぜひチャレンジを。

というのも、費用対効果がめちゃくちゃ高く、特典や出会いがあるのももちろん素晴らしいのですが、何よりもメンバーに親身になって相談に乗ってくれるスタッフさんが良い人ばかり

[voice icon=”https://www.1taslog.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_3161.jpg” name=”チューたろう” type=”r”]自身の経験を元に、クリエイターとしてどう活動していけば良いかなど、丁寧に答えてくれます。これは、やはり独学では難しいので、すごく貴重なコンテンツです。[/voice]

これから映像業界に転職したい人や、映像クリエイターとして活躍したい人にとっては、プロへの近道だと思います。

独自コンテンツが無いのが少し残念

一つだけ、トランスサロンで残念に感じたポイントをあげるとすると、まとめ的なコンテンツが無いことです。

質問に答えてもらったり、補助的な特典はたくさんあるのですが、実践的な編集の仕方や、細かいところまでの編集部分について解説しているコンテンツは、コミュニティ内では取り扱っていません。

そういう点では、大川優介くんのYoutubeチャンネルでは、実践的な内容が無料で解説されていて有益ですが、もっと細かい部分はUdemyなどの学習オンライン教材で学ぶのが効率的。

全体的な流れはYusuke Okawaチャンネル→細かい編集ポイントはUdemyで学習とかだと、効率よくレベルアップできますよ。

動画編集副業とかにも活かせるので、ぜひチェックしてみてください。

んじゃ、また。

関連記事 映像制作を独学で学ぶ方法を解説【本も学校も必要ナシ】