ウーバーイーツより稼げる副業を紹介【共通点:リモートで働ける】

SUB JOB

ども、シマです。こんなツイートをしました。

僕は京都に住んでるのですが、最近ウーバーイーツの配達員をやたら見かけます。

実際、コロナの煽りを受けて飲食店などの仕事がなくなり、店員だった人が配達員して稼いでいるケースは多いと思います。

逆にuberはコロナの煽りを受けて利用者が増え、地方にも急激に広まっていますよね。最近、配送料のサブスクも取り入れ、さらに利用者が増えると予想。

しかし、配達員として仕事を続けるのはリスクが高いですよね。

ウーバーイーツ副業は危険

実は僕も、少しだけ配達員をしていた時期があるのですが、今は辞めて、アフィリエイト副業で稼いでいます。

ウーバーイーツは能力がなくても、時間や場所を気にせず稼げますが、デメリットが多いですよね。

配達員のデメリット

  • 危険すぎる
  • 事故っても自己責任
  • 相手をケガさせる可能性
  • 報酬が単発

まず、なんといっても危険ですよね。少し前に、車道を走って事故っている配達員の動画がバズってましたが、

自分がケガするリスクもありますし、仮に子供などをケガさせて後遺症などが残った場合、一生慰謝料なんて可能性もゼロではないです。

ウーバーイーツの配達員は個人事業主扱いなので、雇用保険とかはなしです。全て自己責任。

また、報酬面でも不利です。「配達一件につき500円」とかなので、ブログと違い継続性がありません。

ウーバーイーツより稼げる副業

まず前提として、ただお金を稼ぐだけでいいのか?という疑問が浮かんできます。

ウーバーイーツでも稼げますが(1ヶ月40万稼いでる人もいますよね)、お金以外に得られるものがないのが、この仕事の最大の欠点です。

例えば、リモートで場所や服装を選ばず稼げる副業であれば、以下とか。

とかですね。

例えば、学生の時の得意科目なんかも、本を3冊くらい勝って復習すれば、そこらへんの中学・高校生より知識はありますよね。

今はコロナの影響で、オンライン塾とかの需要が爆上がりなので、オンライン講師とかで稼げます。

また動画編集も、個人的には推しです。Udemyなどを使った稼ぎ方はこちらで解説しています。

人気記事 動画編集を独学で学ぶ方法を解説【本もオンラインサロンも必要なし】

 

共通点は”リモートで働ける”

他にもまだまだありますが、先ほど紹介した副業の共通点は、「リモートで働ける」です。

ウーバーイーツは店に出入りしたり、宅配したりと、人に接触する機会が多く、感染のリスクが高いです。人生においてリスクヘッジは必須です。

コロナウイルスの詳細は未だ謎で、収束時期も不明です。後遺症が残るなどの情報も出てきています。

政府は感染拡大の抑えるのではなく、ある程度の感染を覚悟して、経済を優先する方針で舵を切っています。なので今後も感染者は増えると予想。

ということは、飲食店のスタッフやコンビニ店員に戻るのもリスクが高く、時代の流れ的に、今はリモート副業で稼ぐのが一番。

僕の副業ハックメディア「ICHITASLOG」では、副業で稼ぐ方法や転職のコツなどを紹介してますので、ぜひSNSフォローお願いします。

んじゃ、また。