【重要】ワーケーションを充実させる”宿泊施設選び”のポイントを解説

HACKS

ども、シマです。

有給を使い、岐阜県と長野県へワーケーションしてきました。

体験を元に、ワーケーション成功の鍵を握る「宿選びのコツ」を解説していきます。

ワーケーションを充実させる”宿泊施設選び”のポイント

良い観光には良い宿が重要になってきますが、良いワーケーションだったかどうかを左右するのも、宿泊施設の選び方で変わってくると思っています。

ワーケーションに優しい宿泊施設のポイントは以下です

  • ネットが早い。
  • ネットが安定している。
  • 作業デスクがある。

当たり前ですが、作業環境が整っていないと、ワーケーションになりません。僕が今回のワーケーションで利用した宿は合計2つなのですが、どちらも上記3点のどれかが欠けていました。

特に、インターネットの速さ・安定性は、実地につかないとわからないことがしばしばなので、できれば予約サイトの口コミなどをよくチェックしてみることをおすすめします。

上記は、あくまで最低ラインでして、ここからは、個人的にワーケーション充実に必要な要素を解説していきます。

ワーケーション選びは周囲の環境も重視

ここからはオマケですが、充実したワーケーションには、仕事環境だけでなく、息抜きできる環境も重要なポイントです。

  • マイナスイオンに囲まれた山々
  • 目の前に一面と広がる海
  • せせらぐ川

上記のような自然豊かな場所をワーケーションの目的地とすると、仕事が充実します。

僕の場合、岐阜では川。長野では壮大な山々。という感じで、どちらも自然に囲われており、落ち着いた雰囲気の中でワーケーションできました。

逆に、子連れが多い観光地や、騒がしい場所は、ワーケーションには向いていないかもです。

比較的静かで、作業に集中できる、少しマイナーな観光地が、ワーケーション先選びにうってつけかもしれません。

ネット環境が不安ならポケットwifiもあり

ワーケーションではネット環境がかなり重要という話をしましたが、もしネット環境が良い宿を探すのが面倒というのであれば、ポケットwifiを検討してみるのも良いかもです。僕も最近、契約しました。

最近はモバイルwifiも、以下のようにたくさん種類があってわからないですよね。

ぶっちゃけ、どれもあまり変わらないと思うので、用途に合わせて選べばOKです。

僕の場合、2年縛りとかがいやだったので、Fuji Wifiにしました。WiMAXとかも良いですが、違約金が高いです。

ワーケーションは普及するか

今回、岐阜と長野にてワーケーションに挑戦してみましたが、ワーケーションは今後も、働き方ニューノーマルのトレンドになると予想しています。

新型コロナウイルスの明確な対処法が未だわからない中で、リスクヘッジをしながら働けるワーケーションは魅力的な選択肢です。

またストレス社会の日本で、精神をすり減らしながら働いている人の助け舟にもなり得ると思います。

移動手段やネット環境など、まだまだ地方でのワーケーションには課題が残りますが、大手企業の本社地方移住に伴い、国もワーケーションを推進する環境整備に力を入れるはず。

そうなると、もっと快適にワーケーションが楽しめるようになり、海外のように広まって行くかもしれません。

皆さんも、ぜひ挑戦してみてください。

んじゃ、また