映像制作にオススメの有料音楽サイト【Music Bedで決まりです】

ども、シマです。

 

先日こんなツイートをしました。

今日は、僕がYoutube用の映像制作の為に使用している、ロイヤリティフリー音楽ダウンロードサイト「MUSIC BED」というサービスについて解説します。

 

Youtube動画は音楽探しが大変

僕はブログと並行して、動画制作もしているのですが、Youtube動画を作成するときに一番苦労するのが音楽探しなんですよね。

 

特に、Cinematic動画を作っている僕にとって、選曲というのは動画のクヲリティを左右する重要なポイント

 

最初は無料で使える音楽を探して使っていたのですが、フリー素材は数多くないですし、他のYoutubeチャンネルと被ったりするので、

 

有料だけどコスパの良い著作権フリー音楽ダウンロードサイトを探していたときに見つけたのが、Musicbedという楽曲提供サービス。

一味違う動画には良い音楽を

海外のクリエイターも有料サイトから音楽を利用しているパターンが多く、一段階上の映像クリエイターを目指すのであれば、有料サイトの楽曲を使用するのは当たり前の時代。

 

こういった音楽ダウンロードサイトというのは、一曲ごとに購入という形が主流でしたが、この流れを断ち切ったのが、「サブスクリプションモデル」と呼ばれる、定額制サービスの普及です。

 

月々払いでサイト内の音楽をダウンロードし放題というもので、音楽サブスクで有名なのは、

・Artlist

・EPIDEMICSOUND

 

などが人気です。

 

しかし、上記のデメリットとして、コストが高いことが挙げられます。例えばArtlistで言えば年間契約で、199ドル、1ヶ月で17ドルくらいかかります。

 

日本円に換算すると、1ヶ月1800円程度なのですが、月数本の動画制作のためには少し高く無いですか?

 

チューたろう
もう少し手頃な価格で、初心者に優しい、なおかつ他とは差別化したいYoutube動画用音楽をダウンロードできるサイトはないのか、、、

 

と探していたときに見つけたのが、Musicbedです。

MusicBedはコスパが良い

このMusicbedですが、基本的な仕組みはArtlistやEPIDEMICSOUNDと変わりません。

 

月々定額制でダウンロードし放題。会員にならなくても個別で楽曲を購入することもできます。

 

そして、Musicbedの最大の特徴はコスパにあります。Artlistが月額17ドルに対し、Musicbedは個人プランであれば月額9ドルから始めることができます。

 

半額とは行かないまでも、低コストでクオリティの高い楽曲にアクセスできるのが強み。

 

チューたろう
ランも充実していて、ウエディング動画を作る人向けや、ビジネスでブランディング動画を作りたい人向けのプランなど、選択肢が豊富なのも魅力的。

MUSICBEDプラン表

 

楽曲数はどうなの?

肝心の楽曲数やクオリティですが、僕個人としては、今のところ全く不満はありません。

 

というか、おそらく全ての音楽を使用して掘り尽くすなんてことはまず無いと思います。それくらい楽曲数は豊富です。

 

また、その他のMusicbedの強みを挙げておくと

 

・ジャンル別で音楽を探し出せる

・プレイリストが豊富

・スマホアプリでも音楽探しができる

 

こんな感じです。

 

サイト内では、cinematic・hiphop・jazzなど20近くのジャンルから音楽を探すことができ、目的や用途にあった音楽にすぐたどり着ける環境が整っています。

 

また、プレイリストも充実していて、テキトーに流しておけばおしゃれな音楽に簡単に出会えます

 

ついでにMusicbedはスマホアプリもしっかりしており、普通に音楽アプリとして外出先で使用できます。気に入った音楽をお気に入り登録しておいて、あとからYoutube動画で使えばOK。

 

とにかく、Youtube動画やVlog、もしくはシネマティック系の動画を制作している人にとっては、ユーザビリティの高い、コスパ最高で素晴らしいロイヤリティフリーの音楽ダウンロードサイトです。

 

チューたろう
今まで、無料か有料かの選択肢の2つで、有料版は価格が高いというデメリットがありましたが、そのちょうど中間に当たるような、痒いところに手が届くサイトがMUSICBEDです。

 

こちらのリンクから誰でも最初の1ヶ月無料で利用できるので、低価格でおしゃれなYoutube用音楽を探している人はぜひ試してみてください。↓↓

 

MUSICBEDの1ヶ月フリー使用リンクはこちら

 

んじゃ、また。

人気記事 サービス業を今すぐ辞めたい人におすすめの転職エージェント3選【IT業界向け】

人気記事 動画編集スキルの需要が伸びる理由と懸念【注意:需要は一過性です】

こちらの記事もぜひ